タグ:青葉の森公園 ( 18 ) タグの人気記事

ジョウビタキ:Daurian redstart

b0249597_08323488.jpg

by PhotoSumika | 2018-02-01 08:34 | ジョウビタキ(7) | Comments(0)

シジュウカラ:Japanese tit

b0249597_06323698.jpg

シジュウカラ
分類:スズメ目 シジュウカラ科
英名:Japanese Tit 学名:Parus minor


日本や韓国を含む東アジア、ロシア極東に分布し、市街地でもよく見られます。雑食ですが、蛾の幼虫などをよく採餌し、その数は1羽あたり、なんと12万匹にのぼるそうです。
ある程度の緑地があれば生息できることから、「都市の緑地バランスがいいかどうか」のバロメーターともされているそうです。樹のウロなどに営巣しますが、人間が設置した巣箱などの利用もします。
2016年に、シジュウカラが10種類ほどの鳴き声を組み合わせて、情報を伝達する能力があるという論文が発表されました。ヒト以外の動物に言語能力が存在することを世界で初めて実証したそうです。



by PhotoSumika | 2018-01-23 06:35 | シジュウカラ(3) | Comments(0)

モズ:Bull-headed shrike

b0249597_06590132.jpg

モズ
分類:スズメ目 モズ科
英名:Bull-headed shrike 学名:Lanius bucephalus


日本の平地から低山地に生息し、冬には北日本のものや山地のものは、南下したり山麓へ下りてきます。食性は動物食で、昆虫やカエルやトカゲ、小鳥やネズミなども食べます。
「モズのはやにえ」といわれる習性があり、有刺鉄線などに捕まえたバッタやカエルなどを串刺しにしますが、行動の目的には諸説があり、よく判っていないそうです。
様々な鳥の鳴き声を真似した、複雑な囀りを行うことから和名「百舌」「百舌鳥」の由来になりました。また、秋から11月頃にかけては「高鳴き」と呼ばれる激しい鳴き声を出して縄張り争いをしますが、縄張りを確保した個体は縄張りの中で単独で冬を越します。
2~8月に樹上や茂みの中などに木の枝などを組み合わせた皿状の巣を雌雄で作り、4~6個の卵を産みます。抱卵は雌が行い、抱卵期間は14~16日。雛は孵化してから約14日で巣立ちます。


by PhotoSumika | 2018-01-17 07:01 | モズ(1) | Comments(0)

シロハラ:Pale Thrush

b0249597_10190265.jpg

シロハラ
分類:スズメ目 ツグミ科
英名:Pale Thrush 学名:Turdus pallidus 


アカハラに似ていますが、腹部が白いのが特徴です。中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国で越冬する渡り鳥です。
林の中の植え込みや,ヤブなどの薄暗いところが好きで、単独で行動します。
落ち葉をひっくり返して歩き回りながら、エサとなるミミズや昆虫、クモなどを探しますが、木の実なども食べる雑食性です。渡りの経由地である沖縄本島では、タニシの一種であるオキナワヤマタニシも捕食すそうです。


by PhotoSumika | 2017-12-27 10:20 | シロハラ(1) | Comments(0)

メジロ:Japanese White-eye

b0249597_06313622.jpg


by PhotoSumika | 2017-04-29 06:33 | メジロ(9) | Comments(0)

メジロ:Japanese White-eye

b0249597_06471228.jpg


by PhotoSumika | 2017-02-25 06:47 | メジロ(9) | Comments(0)

メジロ:Japanese White-eye

b0249597_05304665.jpg


by PhotoSumika | 2017-02-15 05:31 | メジロ(9) | Comments(0)

コゲラ:Japanese Pygmy Woodpecker

b0249597_15022463.jpg

コゲラ
分類:キツツキ目 キツツキ科
英名: Japanese pygmy woodpecker  学名:Dendrocopos kizuki


日本に生息するキツツキとしては最も小さく、日本では亜寒帯針葉樹林から亜熱帯照葉樹林まで広く分布する留鳥です。近年は都市の近郊にも定着しており、街路樹や公園の樹木などでもよく見られます。
食性は雑食で、主に昆虫など捕食しますが、木の実を食べることもあります。樹木を縦横にこまかく移動しながら、葉についた虫や、樹つついて小さい穴を開け、長い舌を差し入れて樹中の虫を摂食します。
つがいや家族で、互いを確認をするため「ギー、ギー」という声を出します。さえずりをしないかわりに、嘴で木を強く連続して叩いて音を出すドラミングを行い、縄張りの主張やペアの募集などを行います。雄は頭の後ろにわずかに赤い点があるのが特徴です。
関東では4月下旬ごろからカップルで木の幹に直径3cm程の巣穴を開け2個の卵を産みます。抱卵期間は約2週間で、雛は約1ヶ月で巣立ちますが、その後もしばらくは家族とともに暮らします。


by PhotoSumika | 2017-02-12 15:02 | コゲラ(2) | Comments(0)

メジロ:Japanese White-eye

b0249597_5413724.jpg



by PhotoSumika | 2016-04-06 05:41 | メジロ(9) | Comments(0)

ジョウビタキ:Daurian redstart

b0249597_5275392.jpg

by PhotoSumika | 2016-03-23 05:27 | ジョウビタキ(7) | Comments(0)