タグ:羽村市動物公園 ( 12 ) タグの人気記事

サーバル:Serval

b0249597_05101855.jpg

サーバル
分類:食肉目(ネコ目)ネコ科
英名: Serval  学名:Felis Serval / Leptailurus serval


サハラ砂漠以南のアフリカに分布し、背の高い草木のある草原や、川辺近くの葦の茂みや草むらなどを好んで生息しています。
大きな耳が特徴で、土の中にいるネズミの動きさえ聞き取るといわれています。
非常に敏捷で、茂みなどに身を隠しながら忍び寄ってジャンプによる奇襲を得意とし、ネズミやウサギ類、ホロホロチョウなどの鳥類や爬虫類などを獲物とします。
地上性の動物ですが、木登りもうまく、泳ぎも上手です。
妊娠期間は74日前後、一度の出産で2~3頭の子を産み、ヤマアラシやツチブタなどの巣跡を育児用に使います。
日本ではペットとして取引もされてもいますが、危険動物の飼育許可が必要です。


by PhotoSumika | 2017-05-19 05:11 | サーバル(4) | Comments(0)

シマハイエナ:Striped hyen

b0249597_5362817.jpg


シマハイエナ
分類:食肉目 ハイエナ科
英名:Striped hyena 学名:Hyaena hyaena

アフリカから中東、アジア西部にかけてのサバンナや草原、半砂漠地帯に分布し、通常は群れは形成せず単独で生活しています。
基本的に夜行性で、日中は巣穴や岩穴などで休んでいます。
食性は肉食で、他の肉食獣が食べ残した死肉を探して食べますが、自ら狩りもし、小動物や時にはウシなどの大型動物も仕留めます。
地面を掘って、いくつかの部屋のある巣穴をつくります。決まった繁殖期はありませんが、多くは5~9月の間に平均2~3頭をを出産し、子育ては雌が行います。
子どもは生後1週間~10日で目が開き、1ヶ月ほどで肉を食べるようになりますが、授乳期間は約1年間続きます。2年を過ぎると雌雄共に性成熟し、寿命は野生下で10~12年程、飼育下では20年を超えた例もあるそうです
by PhotoSumika | 2016-12-01 05:36 | ハイエナ | Comments(0)

ムツオビアルマジロ:Six-banded Armadillo

b0249597_620565.jpg

ムツオビアルマジロ
分類:被甲目 アルマジロ科
英名・Six-banded Armadillo 学名:Euphractus sexcinctus


南アメリカの熱帯多雨林から草原に生息しています。アルマジロは基本的に夜行性ですが、この種は日中にもよく活動します。
鋭く強力な爪で地面を掘って巣穴をつくりますが、数日で放棄してしまうそうです。
行動範囲は約1キロ平方メートルで、縄張りを主張するため巣穴のまわりには匂いがつけられています。
雑食性で木の根や果実、ミミズや昆虫、カエルなどを食べます。
性格はおとなしく、ドッグフードども飼育できるので、ペットとして飼われたりもします。


by PhotoSumika | 2016-10-16 06:20 | アルマジロ(2) | Comments(0)

インドタテガミヤマアラシ:Indian Porcupine

b0249597_5131121.jpg

by PhotoSumika | 2015-08-06 05:13 | ヤマアラシ(2) | Comments(0)

サーバル:Serval

b0249597_5104965.jpg

by PhotoSumika | 2015-04-20 05:10 | サーバル(4) | Comments(0)

シロテナガザル:Lar Gibbon

b0249597_21142746.jpg

シロテナガザル
分類:霊長目 テナガザル科
英名:Lar Gibbon 学名:Hylobates lar


ミャンマー東部、ラオス北西部、タイ、マレー半島、インドネシア・スマトラ島北西部などの熱帯雨林に生息しています。顔のまわりと手足の先が白っぽいのが名前の由来ですが、体毛は個体差により、、黒やクリーム色などさまざまです。
昼行性で、雌雄とその子どもたちからなる家族単位で生活し、主に果実や若葉、花や茎などを食べるほか、昆虫や鳥の卵なども捕食します。樹上性で、長い腕を使い樹から樹へ腕わたり(ブラキエーション)をします。
テナガザルの中ではもっとも一般的な種とされていますが、近年の森林伐採や開発などによって生息地が減少しています。


by Photosumika | 2014-12-03 21:14 | シロテナガザル(3) | Comments(0)

カラカル:Caracal

b0249597_1103673.jpg

カラカル
分類:食肉目 ネコ科
英名:Caracal 学名:Caracal caracal


アフリカ、アフガニスタン、イラン、インド、パキスタンなどの、砂漠、草原、丘陵地に生息しています。夜行性ですが、昼に行動することもあります。
先端に黒く長い房毛が生えている耳が特徴で、カラカルという名前は、トルコ語で黒い耳を意味するkarakulakに由来しているそうです。
肉食性で小型哺乳類や鳥類を食べます。とても俊敏で、3メートルもジャンプして小鳥を捕らえたりします。
妊娠期間は約9週間、岩の隙間や樹洞、ツチブタやキツネの捨てた穴を利用して2頭~4頭の子を産みます。
人にも馴れ、イランやインドでは飼い馴らして狩猟に使ったりもしたそうです。
広い地域に分布していますが、近年の森林開発で生息数が減少しています。


by PhotoSumika | 2014-11-29 11:00 | カラカル(2) | Comments(0)

サーバル:Serval

b0249597_6432410.jpg

by Photosumika | 2014-11-03 06:43 | サーバル(4) | Comments(0)

カラカル:Caracal

b0249597_12175659.jpg

by PhotoSumika | 2014-10-05 12:17 | カラカル(2) | Comments(0)

インドタテガミヤマアラシ:Indian Porcupine

b0249597_14125589.jpg

by PhotoSumika | 2014-10-04 14:13 | ヤマアラシ(2) | Comments(0)