人気ブログランキング |

タグ:市川市動植物園 ( 36 ) タグの人気記事

オランウータン:Orang-utan

b0249597_06235307.jpg
オランウータン
分類:サル目(霊長目)ヒト科
英名:Orang-utan 学名:Pongo pygmaeus


ボルネオとスマトラに生息する世界最大の樹上動物です。
オランウータンというのは、マレー語で「森の人」の意味ですが、海岸部の人が奥地に住む人を指す言葉を、ヨーロッパ人が誤解したことに由来するそうです。
腕の長さが脚の2倍もあり、立った状態で手が地面についてしまいます。食性は雑食で、主に果実を食べますが、芽や葉、昆虫、鳥の卵、小型哺乳類なども食べます。食物を効率的に探すルートをとることから季節や食樹の位置を把握していると考えられています。
妊娠期間は260 ~ 270日。出産間隔は通常6年で授乳期間は3年。子供は母親と4~5年を一緒に生活しますが、5 ~ 10年で独立、メスは生後12年で初産を迎えるようになります。子供の死亡率は非常に低く、数%という報告があるそうです。
オスの顔の両側にはには「フランジ」と呼ばれている出っ張りができますが、これは強いオスのしるしであり、弱いオスは何歳になってもフランジが大きくならないそうです。
生息地である熱帯の森の急速な消失によって、絶滅の危機に瀕しています。


by PhotoSumika | 2019-07-03 06:25 | オランウータン(19) | Comments(0)

ワオキツネザル:Ring-tailed Lemur

b0249597_06285940.jpg
ワオキツネザル
分類:霊長目(サル目) キツネザル科
英名:Ring-tailed Lemur 学名:Lemur catta


マダガスカル島南部および南西部の固有種で、尾に輪のような模様があることからこの名が付きました。主に果実の他、葉や花、昆虫などを食べます。
体温調節が苦手で、両手を左右に広げ日光浴をする姿が動物園でも人気です。
群のオス・メスには、それぞれ順位が決められていて、メスの方が上位で食事においても優先されているそうです。
強烈な匂いを分泌する腺があり、繁殖期にはより強い匂いで相手を上回ろうとして分泌液を尾全体に付着させて振り、競い合います。通常1年に1匹出産しますが、双子の時もあります。


by PhotoSumika | 2019-07-02 06:30 | ワオキツネザル(37) | Comments(0)

ニホンザル:Japanese Macaqu

b0249597_06071343.jpg
ニホンザル
分類:霊長目(サル目) オナガザル科
英名:Japanese Macaque 学名:Macaca fuscata fuscata


霊長類の中で最も北に生息するサルで、広葉樹林帯に広く分布しています。
複数の大人の雄を含む十数頭から100頭以上の母系集団を形成して生活し、群れの中の個体間には順位があります。多くのオスは大人になる前に群を出て、生涯にわたっていくつかの群を移動するようです。
昼行性で、巣は作らず、泊まり場は毎日変わります。食物を探したり休息したり遊んだりしながら群でゆっくり移動し、夜は樹上で眠ります。
食性は植物食傾向の強い雑食で、主に果実を食べる他、葉、芽、草、花、種子、キノコ、昆虫なども食べます。
サツマイモを水で洗って食べることを他のサルたちが真似したこと、さらに海水に浸して味付けするなどの行動の発展が注目され、動物の文化的行動を認める先駆けとなりました。


by PhotoSumika | 2019-07-01 06:08 | ニホンザル(24) | Comments(0)

フェネック:Fennec

b0249597_06305751.jpg
フェネック
分類:食肉目(ネコ目) イヌ科
英名:Fennec 学名:Vulpes zerda

砂漠のキツネともいわれ、とても臆病で神経質です。
沿岸部を除く北アフリカやアラビア半島に生息し、砂漠に巣穴を堀って家族単位の群れで生活しています。巣穴は細長く10mにもなります。
大きな耳は放熱の役目があり、足の裏は厚い毛で覆われ熱い砂から守ります。
夜行性で、齧歯類や昆虫、トカゲや鳥や卵を食べます。水分のほとんどを食物からとり、水分補給のために果実や葉を食べることもあります。
子育ては両親で行い、オスはエサ運びをしながら、子供が生後4か月になるまで巣穴の周辺を守るそうです。


by PhotoSumika | 2018-07-23 06:32 | フェネック(8) | Comments(0)

ムギワラトキ:Straw-necked Ibis

b0249597_06532769.jpg
ムギワラトキ
分類:コウノトリ目 トキ科
英名:Straw-necked Ibis 学名:Threskiornis spinicollis


主にオーストラリア大陸に分布し、牧草地や乾燥草原など水辺を離れたところから、沼沢地、湖沼沿岸など水辺の環境まで広く生息しています。
雑食性で、肉・魚・虫・穀類など、いろいろなものを食べますが、春から初夏にかけては、群れでバッタなどの農作物の害虫捕食するため、生息地では益鳥として保護されています。
繁殖期はその地域の水量に大きな影響を受け、水量が豊富な地域では一年を通して繁殖するようです。
2~5個の卵を産み、孵化まではおよそ3週間半、雛は約28日程で巣立ちします。
繁殖期に首筋へ黄色い羽が伸びてくることからこの名前が付きました。


by PhotoSumika | 2018-05-22 06:54 | ムギワラトキ(5) | Comments(0)

ワオキツネザル:Ring-tailed Lemur

b0249597_19245030.jpg



by PhotoSumika | 2018-05-10 19:26 | ワオキツネザル(37) | Comments(0)

フェネック:Fennec

b0249597_08501550.jpg


by PhotoSumika | 2018-03-16 08:51 | フェネック(8) | Comments(0)

ワオキツネザル:Ring-tailed Lemur

b0249597_06360957.jpg



by PhotoSumika | 2018-03-13 06:39 | ワオキツネザル(37) | Comments(0)

ミーアキャット:Meerkat

b0249597_05323488.jpg

by PhotoSumika | 2018-03-05 05:34 | ミーアキャット(46) | Comments(0)

ワオキツネザル:Ring-tailed Lemur

b0249597_08592614.jpg


ワオキツネザル
分類:霊長目(サル目) キツネザル科
英名:Ring-tailed Lemur 学名:Lemur catta


マダガスカル島南部および南西部の固有種で、尾に輪のような模様があることからこの名が付きました。主に果実の他、葉や花、昆虫などを食べます。
体温調節が苦手で、両手を左右に広げ日光浴をする姿が動物園でも人気です。
群のオス・メスには、それぞれ順位が決められていて、メスの方が上位で食事においても優先されているそうです。
強烈な匂いを分泌する腺があり、繁殖期にはより強い匂いで相手を上回ろうとして分泌液を尾全体に付着させて振り、競い合います。通常1年に1匹出産しますが、双子の時もあります。


by PhotoSumika | 2018-01-28 09:00 | ワオキツネザル(37) | Comments(0)