人気ブログランキング |

タグ:上野動物園 ( 295 ) タグの人気記事

ミナミコアリクイ:Southern tamandua

ミナミコアリクイ:Southern tamandua_b0249597_06011671.jpg

タグ:
by PhotoSumika | 2020-05-01 06:02 | ミナミコアリクイ(10) | Comments(0)

デグー:Degu

デグー:Degu_b0249597_05255936.jpg

タグ:
by PhotoSumika | 2020-02-10 05:27 | デグー(2) | Comments(0)

メジロ:Japanese White-eye

 メジロ:Japanese White-eye_b0249597_20483297.jpg

タグ:
by PhotoSumika | 2020-01-13 20:49 | メジロ(11) | Comments(0)

ルリカケス

ルリカケス_b0249597_08420048.jpg

タグ:
by PhotoSumika | 2020-01-11 08:42 | カケス | Comments(0)

オニオオハシ:Toco Toucan

オニオオハシ:Toco Toucan_b0249597_05180166.jpg

タグ:
by PhotoSumika | 2019-11-25 05:19 | オニオオハシ(17) | Comments(0)

ホンドフクロウ: Hondo Ural Owl

 ホンドフクロウ: Hondo Ural Owl_b0249597_08204709.jpg

タグ:
by PhotoSumika | 2019-08-20 08:21 | ホンドフクロウ(6) | Comments(0)

ミーアキャット:Meerkat

ミーアキャット:Meerkat_b0249597_06071579.jpg
ミーアキャット
分類:食肉目(ネコ目) マングース科
英名:Meerkat 学名:Suricata suricatta

南アフリカ・ボツワナ南部などの半砂漠地帯に巣穴を掘り、複数の家族が群れをつくって生活します。グループ内の数匹は常に上空を見張り、天敵である猛禽類の接近を警戒しています。何匹ものミーアキャットがみんな太陽に向って立ち、おなかをあたためている光景も有名です。
食性は雑食で、主食のサソリの他、クモや爬虫類、小型哺乳類、植物などを食べます。
狩が上手で、お互いにコミュニケーションをとりながら共同で小鳥を捕まえたりもします。
群れには一組の優位オスと優位メスがいて、基本的にこのペアのみが繁殖活動を行い、群れの他のメンバーは、ヘルパーとして子守や授乳、餌の捕り方や遊び方、警戒の仕方を教えます。特に獲物の捕らえ方については、子供の年齢や能力の成長に合わせて課題の難易度を上げていく積極的な教育が観察されています。
妊娠期間は11週間で、2~-5頭を出産します。授乳期間は4~6週間。生後12~14日で開眼し、10週間で独立、9ヶ月で性成熟します。

タグ:
by PhotoSumika | 2019-04-28 06:07 | ミーアキャット(46) | Comments(0)

オグロヅル:Black-necked Cran

オグロヅル:Black-necked Cran_b0249597_06020913.jpg

オグロヅル
分類:ツル目 ツル科
英名: Black-necked Crane  学名:Grus nigricollis Przevalski


カシミール地方やチベット、中国に分布します。繁殖期は3,000-4,800メートルにある湖沼や湿原で生活し、冬季は農耕地で越冬します。
食性は雑食で、植物の茎、根、種子の他、カエルや貝類、昆虫などを食べます。
主に2個の卵を産み、雌雄で抱卵します。抱卵期間は31-33日、雛は約90日で飛翔できるようになります。
開発による生息地の破壊に加え、越冬の農耕地が、冬季に麦作が行うようになったために採食が困難になり、その数が減少しています。
ブータンのある村では、オグロヅルの保護のため、飛来の妨げになる電線の設置を諦め、電気のない生活を選んだという話もあるそうです。(現在は電線の地下敷設により電化されているそうです。)


タグ:
by PhotoSumika | 2019-04-11 06:14 | オグロヅル | Comments(0)

プレーリードッグ:Black-tailed Prairie Dog

プレーリードッグ:Black-tailed Prairie Dog_b0249597_06242643.jpg



タグ:
by PhotoSumika | 2019-01-30 06:25 | プレーリードッグ(65) | Comments(0)

ニホンツキノワグマ:Japanese black bear

ニホンツキノワグマ:Japanese black bear _b0249597_19011410.jpg

ニホンツキノワグマ
分類:食肉目 クマ科
英名:Japanese black bear 学名:Ursus thibetanus japonicus


中央アジア、ヒマラヤからアジア東北に分布するアジアクロクマの日本産亜種で、日本列島の本州及び四国に生息します。
名前の由来は、胸にある月の輪のかたちの白斑ですが、なかにはないものもいます。
植物食傾向の強い雑食で、木の葉や根、どんぐり、昆虫、魚や動物の死骸などを食べます。
夜行性で、昼間は樹洞や岩の割れ目、洞窟などで休んでいますが、果実がある時期は昼間に活動することもあります。
冬に穴ごもりをして、メスはその間に2頭の子どもを産みます。授乳期間は3か月半で、幼獣は生後1週間で開眼し、生後2~3年は母親と一緒に暮らします。
近年では人の生活圏にも現れて人を襲うような事件も起こっていますが、これは生息地の減少によって食べ物が不足している事から生じていると考えられています。


タグ:
by PhotoSumika | 2019-01-21 19:01 | ニホンツキノワグマ(4) | Comments(0)