ミーアキャット:Meerkat

b0249597_06152057.jpg
ミーアキャット
分類:食肉目(ネコ目) マングース科
英名:Meerkat 学名:Suricata suricatta

南アフリカ・ボツワナ南部などの半砂漠地帯に巣穴を掘り、複数の家族が群れをつくって生活します。グループ内の数匹は常に上空を見張り、天敵である猛禽類の接近を警戒しています。何匹ものミーアキャットがみんな太陽に向って立ち、おなかをあたためている光景も有名です。
食性は雑食で、主食のサソリの他、クモや爬虫類、小型哺乳類、植物などを食べます。
狩が上手で、お互いにコミュニケーションをとりながら共同で小鳥を捕まえたりもします。
群れには一組の優位オスと優位メスがいて、基本的にこのペアのみが繁殖活動を行い、群れの他のメンバーは、ヘルパーとして子守や授乳、餌の捕り方や遊び方、警戒の仕方を教えます。特に獲物の捕らえ方については、子供の年齢や能力の成長に合わせて課題の難易度を上げていく積極的な教育が観察されています。
妊娠期間は11週間で、2~-5頭を出産します。授乳期間は4~6週間。生後12~14日で開眼し、10週間で独立、9ヶ月で性成熟します。

# by PhotoSumika | 2017-08-26 06:16 | ミーアキャット(38) | Comments(0)

アフリカハゲコウ:Marabou Stork

b0249597_05070158.jpg


アフリカハゲコウ
分類:コウノトリ目 コウノトリ科
英名:Marabou Stork 学名:Leptoptilos crumeniferus


サハラ砂漠以南のアフリカ全域に生息していて、ゴミ捨て場などの人の住んでいる近くでも普通に見られます。翼を広げると3メートルにもなる大きな鳥です。
主に動物の屍骸を食べる他、魚、カエル、昆虫、小型の哺乳類や卵を捕食しますが、飲み込めるサイズのものを事実上なんでも食べようとするらしく、靴や金属片でさえ食べてしまうそうです。
人に馴れやすく、世界中の動物園で飼育されていますが、餌を取り上げようとすると凶暴になるそうです。
嘴を叩き鳴らすクラッタリングによって求愛などのディスプレイを行います。
群れで行動し、繁殖期にはコロニーを形成します。樹上に木の枝で巣をつくり、2~3個の卵を交代で温めます。


# by PhotoSumika | 2017-08-23 05:09 | アフリカハゲコウ(16) | Comments(0)

ハシビロコウ:Shoebill

b0249597_19041983.jpg


# by PhotoSumika | 2017-08-19 19:05 | ハシビロコウ(39) | Comments(0)

アカハナグマ:Ring-tailed Coati

b0249597_05082036.jpg


# by PhotoSumika | 2017-08-16 05:09 | アカハナグマ(23) | Comments(0)

ライオン:Lion

b0249597_20105097.jpg


# by PhotoSumika | 2017-08-11 20:14 | ライオン(17) | Comments(2)

ホオジロカンムリヅル:Grey crowned crane

b0249597_19565754.jpg


# by PhotoSumika | 2017-08-09 20:00 | ホオジロカンムリヅル(32) | Comments(0)

ありがとうございました。(真夏のデザインフェスタ)

b0249597_20132770.jpg
真夏のデザインフェスタに出展しました。
たくさんの方々にご訪問いただき、楽しいひと時を過ごしました。
ほんとうにありがとうございました・
***********************************************************
日時:2017年8月5・6日 11:00~19:00
場所東京ビッグサイト東4・5・6ホール E-186ブース(動物園の住人たち写真展)
入場には入場料がかかります。(前売券¥800/当日券¥1000)
http://designfesta.com/

# by PhotoSumika | 2017-08-01 20:16 | ★お知らせ | Comments(0)

ラマ:Lama glama

b0249597_12143114.jpg

ラマ
分類:偶蹄目(ウシ目) ラクダ科
英名:Lama glama 学名:Llama


南アメリカの標高2300~4000mに生息するラクダの仲間ですが、背中にコブはなく、アンデス山脈の人々の家畜として飼育されていています。
性格はおとなしく、主に荷物の運搬用として使われます。毛や皮や肉、乾燥させた糞も燃料として利用されます。
血液中のヘモグロビンの酸素結合能力が高いために空気の薄い地域でも生活でき、また、さまざまな種類の植物を食べてほとんど水分を必要としないので、厳しい山岳地帯でも耐えることができるのです。
インカ帝国の時代には生け贄として捧げられていたそうです。今でもアンデス地方の町ではラマの胎児のミイラが売られていて、家内安全祈願に新築する家の下に埋めるなど、かつて風習の名残ではないかと考えられています。


# by PhotoSumika | 2017-07-30 12:17 | ラマ(32) | Comments(0)

ライオン:Lion

b0249597_05305405.jpg


# by PhotoSumika | 2017-07-27 05:32 | ライオン(17) | Comments(0)

オニオオハシ:Toco Toucan

b0249597_17233808.jpg


# by PhotoSumika | 2017-07-23 17:25 | オニオオハシ(13) | Comments(0)

テングザル:Proboscis monkey

b0249597_07594208.jpg


テングザル
分類:サル目(霊長目) オナガザル科
英名:Proboscis monkey 学名:Nasalis larvatus


東南アジアのボルネオ島のマングローブ林や湿地林、河辺林などに生息しています。樹上棲で、1匹のオスと複数のメス、そして子どもたちの十数匹の群れで生活します。
長くて大きな鼻が特徴ですが、その理由はよく分かっていません。しかも、これは大人の雄だけで、一生伸び続けるそうです。まるで妊娠しているような太鼓腹も特徴ですが、主食の木の葉を消化する胃が大きなためで、その中身は体重の1/4にもなるそうです。
争いを徹底的に避け、損をしても穏やかな暮らしを選ぶ性質で生き残ってきました。サルにしては珍しく泳ぎが上手で、木の高いところから飛び込んで川を渡ります。
開発でマングローブ林が破壊され、生息数が激減しています。


# by PhotoSumika | 2017-07-16 08:00 | テングザル(6) | Comments(0)

アフリカハゲコウ:Marabou Stork

b0249597_18221426.jpg


# by PhotoSumika | 2017-07-08 18:22 | アフリカハゲコウ(16) | Comments(0)

イヌワシ:Golden eagle

b0249597_19221847.jpg


# by PhotoSumika | 2017-07-02 19:25 | イヌワシ(16) | Comments(0)

ハシビロコウ:Shoebill

b0249597_05451860.jpg


# by PhotoSumika | 2017-06-29 05:46 | ハシビロコウ(39) | Comments(0)

ミーアキャット:Meerkat

b0249597_04273051.jpg


# by PhotoSumika | 2017-06-25 04:28 | ミーアキャット(38) | Comments(0)

シセンレッサーパンダ:Styan's Red Panda

b0249597_05434411.jpg


# by PhotoSumika | 2017-06-22 05:44 | レッサーパンダ(112) | Comments(0)

アカハナグマ:Ring-tailed Coati

b0249597_05065340.jpg


# by PhotoSumika | 2017-06-12 05:08 | アカハナグマ(23) | Comments(0)

ライオン:Lion

b0249597_05310003.jpg

# by PhotoSumika | 2017-06-05 05:32 | ライオン(17) | Comments(0)

ワオキツネザル:Ring-tailed Lemur

b0249597_05253264.jpg

# by PhotoSumika | 2017-06-01 05:26 | ワオキツネザル(34) | Comments(0)

コツメカワウソ:Asian Short-clawed otter

b0249597_08475916.jpg


コツメカワウソ
分類:食肉目(ネコ目) イタチ科
英名:Asian Short-clawed otter 学名:Aonyx cinerea


最近、人気急上昇中のコツメカワウソ。カワウソ類の中ではもっとも体が小さく、手足の爪が小さいことからコツメの名前がつきました。
インドから中国南部、東南アジアなどに広く分布し、河川や湖の周辺など水と密着して生活しています。泳ぎがとても上手で、水中で 魚や甲殻類、カエルなどを捕獲します。たいへん遊び好きで好奇心も旺盛。前足がとても器用で、ジャグリングといって、小石や木の葉をオモチャにしているのを動物園でも観察できます。
一夫一婦で、夫婦の結びつきは強く、妊娠期間は60~80日、1~6子を出産します。目は生後40日程で開き、授乳期間は3ヵ月程です。家族で群れをつくって生活し、動物園でも小さな兄弟に泳ぎを教えたり、おやつのドジョウを獲ってあげたり、水中ボクシングではしゃいだりと、見飽きることがありません。人にもよく慣れるので、マレーシアでは漁に使ったりもしているそうです。
分布域が広いわりに、森林や河川の開発などによる生息地の減少により生息数が減り、現在では、絶滅危惧種(VU)としてレッドリストに指定されています。


# by PhotoSumika | 2017-05-28 08:49 | コツメカワウソ(69) | Comments(0)

クロザル:Celebes Macaque

b0249597_05361063.jpg


# by PhotoSumika | 2017-05-25 05:37 | クロザル(6) | Comments(0)

ホンドタキ:Japanese Raccoon Dog

b0249597_20174251.jpg

ホンドタヌキ
分類:食肉目(ネキ目) イヌ科
英名:Japanese Raccoon Dog 学名:Nyctereutes procyonoides viverrinus

タヌキの日本産亜種で、本州、四国、九州の多様な環境で棲息しています。
食性は雑食性で、農作物や生ゴミ、果実、ネズミ、鳥、カエル、ヘビ、昆虫、ミミズなどなんでも食べます。あらゆるものを食べるので、採餌においての活動領域が他の個体や家族と重なっても争うことはありません。
「狸寝入り」という言葉がありますが、タヌキは襲われたりすると擬死という「死んだふり」をします。演技ではなく刺激に対する反射行動だそうで、悪あがきによるケガを防いだり、相手を油断させ逃げるチャンスをつくったりするための自然の仕組みだそうです。
人間の生活圏と重なり合うことも多く、交通事故や餌付けの問題などが話題になります。 毛質が良いため、毛皮獣として使用されたりします。
野生で毛の抜けた個体を見かけることがありますが、これはダニの寄生によって発症する疥癬(かいせん)と呼ばれる皮膚病です。このダニはペットの犬や人にも感染するので注意が必要です。
      


# by PhotoSumika | 2017-05-21 20:21 | ホンドタヌキ(7) | Comments(0)

コツメカワウソ:Asian Short-clawed otter

b0249597_10400571.jpg

# by PhotoSumika | 2017-05-20 10:42 | コツメカワウソ(69) | Comments(0)

サーバル:Serval

b0249597_05101855.jpg

サーバル
分類:食肉目(ネコ目)ネコ科
英名: Serval  学名:Felis Serval / Leptailurus serval


サハラ砂漠以南のアフリカに分布し、背の高い草木のある草原や、川辺近くの葦の茂みや草むらなどを好んで生息しています。
大きな耳が特徴で、土の中にいるネズミの動きさえ聞き取るといわれています。
非常に敏捷で、茂みなどに身を隠しながら忍び寄ってジャンプによる奇襲を得意とし、ネズミやウサギ類、ホロホロチョウなどの鳥類や爬虫類などを獲物とします。
地上性の動物ですが、木登りもうまく、泳ぎも上手です。
妊娠期間は74日前後、一度の出産で2~3頭の子を産み、ヤマアラシやツチブタなどの巣跡を育児用に使います。
日本ではペットとして取引もされてもいますが、危険動物の飼育許可が必要です。


# by PhotoSumika | 2017-05-19 05:11 | サーバル(4) | Comments(0)

ハシビロコウ:Shoebill

b0249597_05350738.jpg

# by PhotoSumika | 2017-05-17 05:37 | ハシビロコウ(39) | Comments(0)

ワオキツネザル:Ring-tailed Lemur

b0249597_06343163.jpg

# by PhotoSumika | 2017-05-14 06:35 | 創作作品 | Comments(0)

ミーアキャット:Meerkat

b0249597_05443964.jpg

# by PhotoSumika | 2017-05-12 05:46 | ミーアキャット(38) | Comments(0)

ジェフロイクモザル:Geoffroy’s Spider Monkey

b0249597_05170965.jpg

# by PhotoSumika | 2017-05-09 05:17 | 創作作品 | Comments(0)

アメリカオシ:Wood Duck

b0249597_08262577.jpg

アメリカオシ
分類:ガンカモ目 ガンカモ科
英名:Wood Duck 学名:Aix sponsa


北アメリカに分布するオシドリの仲間で、オスは鮮やかな羽色をしています。
川や湖、湿地に生息し、主に水草や植物の種子を食べています。
巣は水辺近くの樹洞にを作る他、人が作った巣箱もよく利用するそうです。間違えてお隣さんの巣に卵を産んでしまう、うっかりものもいるそうです。
抱卵とヒナの世話は雌だけが行い、雛は孵化するとすぐに水辺まで歩きます。


# by PhotoSumika | 2017-05-06 09:33 | アメリカオシ(7) | Comments(0)

オシドリ:Mandarin duck

b0249597_06472774.jpg


オシドリ
分類:ガンカモ目 ガンカモ科
英名:Mandarin duck 学名:Aix galericulata


東アジアのみに分布します。日本では北海道や本州中部以北で繁殖し、本州以南で越冬します。
渓流、湖沼などに生息し、水辺の木陰を好みます。
食性は植物食傾向の強い雑食で、水生植物、果実、種子、昆虫、陸棲の貝類などを食べます。
「おしどり夫婦」という言葉がありますが、実際は他のカモの仲間と同様、毎年必ずパートナーをかえるそうで、抱卵も育雛も雌だけで行います。


# by PhotoSumika | 2017-05-05 06:49 | オシドリ(8) | Comments(0)