ワオキツネザル:Ring-tailed Lemur

b0249597_08510964.jpg


# by PhotoSumika | 2017-12-18 08:53 | ワオキツネザル(34) | Comments(0)

コシジロハゲワシ:Ijima's Copper Pheasant

b0249597_17015421.jpg
コシジロハゲワシ
分類:タカ目 タカ科
英名:White-backed Vulture 学名:Gyps africanus

アフリカのサハラ砂漠以南に住む、最も一般的なハゲワシです。
数百メートルの上空から大型哺乳類の死骸を見つけて、その肉を食べます。
飛翔力は強くないので、上昇気流を上手に利用します。
頭部に毛が無いのは食性が死肉中心だからといわれています。

# by PhotoSumika | 2017-12-17 17:04 | コシジロハゲワシ(12) | Comments(0)

ユキヒョウ:Snow leopard

b0249597_19170288.jpg
ユキヒョウ
分類:食肉目(ネコ目)ネコ科
英名:Snow leopard 学名:Uncia uncia


中央アジアの山岳地帯、ステップやハイマツからなる針葉樹林や岩場などにに生息しています。大型の食肉目としては最も標高の高い場所に暮らし、
獲物や積雪にあわせて夏季は高い場所へ、冬季低い場所へ移動します。
夜行性で、昼間は岩の隙間やヒゲワシの古巣などで休みます。
寒さを防ぐための厚い毛で覆われ、幅の広い足はスノーブーツのような役目をしているそうです。
食性は動物食で、自分の3倍もある哺乳類を仕留めることもあり、小型の哺乳類や鳥類や、家畜を襲うこともあります。
毛皮が利用さるほか、骨が薬用になると信じられているそうで、乱獲と害獣駆除のために生息数が激減しています。

# by PhotoSumika | 2017-12-16 19:18 | ユキヒョウ(9) | Comments(0)

ミーアキャット:Meerkat

b0249597_07530222.jpg
ミーアキャット
分類:食肉目(ネコ目) マングース科
英名:Meerkat 学名:Suricata suricatta

南アフリカ・ボツワナ南部などの半砂漠地帯に巣穴を掘り、複数の家族が群れをつくって生活します。グループ内の数匹は常に上空を見張り、天敵である猛禽類の接近を警戒しています。何匹ものミーアキャットがみんな太陽に向って立ち、おなかをあたためている光景も有名です。
食性は雑食で、主食のサソリの他、クモや爬虫類、小型哺乳類、植物などを食べます。
狩が上手で、お互いにコミュニケーションをとりながら共同で小鳥を捕まえたりもします。
群れには一組の優位オスと優位メスがいて、基本的にこのペアのみが繁殖活動を行い、群れの他のメンバーは、ヘルパーとして子守や授乳、餌の捕り方や遊び方、警戒の仕方を教えます。特に獲物の捕らえ方については、子供の年齢や能力の成長に合わせて課題の難易度を上げていく積極的な教育が観察されています。
妊娠期間は11週間で、2~-5頭を出産します。授乳期間は4~6週間。生後12~14日で開眼し、10週間で独立、9ヶ月で性成熟します。

# by PhotoSumika | 2017-12-15 07:54 | ミーアキャット(38) | Comments(0)

カンムリエボシドリ:Great Blue Turaco

b0249597_08334402.jpg

カンムリエボシドリ
分類:エボシドリ目 エボシドリ科
英名:Great Blue Turaco 学名:Corythaeola cristata


アフリカ西部・中央部の熱帯雨林に棲息する樹上性の鳥です。巨大な冠羽が特徴的で、エボシドリの中でも最大です。
飛翔力は弱く、羽ばたいて飛ぶ事は滅多にありません。滑空飛行をするか、枝から枝へ機敏に跳躍して移動します。つがい、または家族群の小さな群れで暮らし、前の年に生まれた若鳥が育雛を手伝う「ヘルパー」が観察されます。
主に果実を食べる他、花や葉も食べます。


# by PhotoSumika | 2017-12-13 08:37 | カンムリエボシドリ(1) | Comments(0)

エナガ:Long-tailed Tit

b0249597_07542242.jpg

エナガ
分類:スズメ目 エナガ科
英名:Long-tailed Tit 学名:Aegithalos caudatus

綿を丸めたようなからだに長い尾羽があり、和名は柄の長い柄杓に由来しています。
平地から山地にかけての林に生息し、冬は里山まで降りてきます。小さな群れをつくり、忙しなく樹上を飛び回ります。
枝先などで虫やなどを捕食しますが、種子や木の実なども食べ、樹皮から染み出る樹液を吸うこともあります。特にアブラムシを好み、ホバリングしながら捕食することもあるそうです。
繁殖期は3月頃からで、枝や幹のまたに、苔をクモの糸で丸くまとめた袋状の精巧な巣を作り、大量の羽毛が敷きつめられます。7~12この卵を産み、抱卵期間は12~14日、日中は雌のみが抱卵し夜は雄も抱卵を行います。親以外の鳥が雛に餌を運んでくるヘルパーという生態が観察されています。


# by PhotoSumika | 2017-12-12 07:59 | エナガ | Comments(0)

ワシミミズク:Eurasian Eagle Owl

b0249597_06483877.jpg

ワシミミズク
分類:フクロウ目 フクロウ科
英名:Eurasian Eagle Owl 学名:Bubo bubo

ユーラシア大陸北部に生息する最大級のフクロウで、北海道でも少数ですが観察されています。
翼をひろげると180cmもなり、力の強さと獰猛さで最強の「夜の猛禽」と呼ばれています。ノウサギやネズミ、鳥などの他、キツネやイタチどの肉食獣、他の猛禽類も狩の対象で、体重13kgのシカを倒した記録もあるそうです。獲物が通るのをじっと待ち、音も立てずに幅の広い翼をゆっくりと羽ばたいて襲いかかります。
縄張り意識がつよく、つがいは一生を共にし、高い岩棚、川岸の斜面や木の根の間などに巣を作り、雌が抱卵します。
野生での寿命は20年を超え、飼育下ではロシアで68年間生きた記録があるそうです。
イギリスでは数を増やし、今では原産の希少野生動物の生存を脅かすまでとなり、自然の営みとして静観するか、外来種とみなして対抗策を講じるかと、専門家の間でも意見が分かれているそうです。


# by PhotoSumika | 2017-12-11 06:50 | ワシミミズク(14) | Comments(0)

ワオキツネザル:Ring-tailed Lemur

b0249597_10113550.jpg
分類:霊長目(サル目) キツネザル科
英名:Ring-tailed Lemur 学名:Lemur catta

マダガスカル島南部および南西部の固有種で、落葉樹林の茂みに生息し、地上棲の傾向が強く地上での行動もよく見られます。尾に輪のような模様があることからこの名が付きました。
体温調節が苦手で、両手を左右に広げ日光浴をする姿が動物園でも人気です。
4,5の雄雌と数頭の子どもからなる15頭程度の群れを形成し、6~23ヘクタールの広い行動域の中で、主に果実の他、葉や花、昆虫などを食べます。
群れの階級は雌雄別々に順位が決められていていますが、雌の方が上位で食事においても優先されます。雌にははっきりとした階級がありますが、雄の階級はよく入れ変わります。
強烈な匂いを分泌する腺があり、繁殖期にはより強い匂いで相手を上回ろうと分泌液を尾全体に付着させて振り、競い合います。雄は群れの活動から離れる傾向があり、3年半ほどの周期で別の群れに移動します。
妊娠期間は約135~146日。通常1年に1匹出産しますが、双子の時もあります。生後2ヶ月で母乳以外の食べ物も口にし始め、生後5か月で完全に離乳します。


# by PhotoSumika | 2017-12-10 10:13 | ワオキツネザル(34) | Comments(0)

クマタカ:Mountain Hawk-eagle

b0249597_07160390.jpg


クマタカ
分類:タカ目 タカ科
英名:Mountain Hawk-eagle 学名:Spizaetus nipalensis


国内でも九州から北海道まで広く生息していますが、絶滅の危機に瀕しています。
日本を代表する大型猛禽類ですが、森林に生活するために生態の調査が難しく、詳細な報告は少ないようです。
動物食で森林生態系の頂点にたち、様々な中・小動物を獲物としますが、特定の餌動物に依存しません。幅広い翼を利用して、巧みに林内を飛翔しながら獲物を探したり、枝の上から獲物を待ち伏せし、急降下して獲物を襲います。
ブナ・ミズナラ・キタゴヨウ・スギ・アカマツ・モミなどの大木に、直径1m以上におよぶ大きな巣を架け、1年あるいは隔年に1個の卵を産みます。約1ヶ月半の抱卵と雛の世話は、主にメスが行い、オスは狩りを担当します。雛は約3ヶ月で巣立ちますが、1年程は親と一緒に暮らします。


# by PhotoSumika | 2017-12-09 07:17 | クマタカ(3) | Comments(0)

カルガモ:Spot-billed duck

b0249597_07581927.jpg

# by PhotoSumika | 2017-12-08 07:58 | カルガモ | Comments(0)

フンボルトペンギン:Humboldt penguin

b0249597_06540940.jpg


フンボルトペンギン
分類:ペンギン目 ペンギン科
英名:Humboldt penguin 学名:Spheniscus humboldti


フンボルト海流が流れ込む南アメリカの暖かい沿岸地域に生息しています。
日本の動物園や水族館で一番多く見られるペンギンで、繁殖もよく行われていますが、野生では約15.000羽と絶滅が危惧されており、その生息数の1割が日本で飼育されているそうです。朝、海に出て夕方戻るという習性を持っていて、巣と海を往復して一生を過ごします。
トンネルを掘ったり、洞窟や石の隙間を利用して巣を作ります。1回に2個の卵を産み、雄と雌で抱卵します。


# by PhotoSumika | 2017-12-07 06:55 | フンボルトペンギン(26) | Comments(0)

オグロプレーリードッグ:Black-tailed Prairie Dog

b0249597_05053459.jpg

オグロプレーリードッグ
分類:齧歯目(ネズミ目) リス科
英名:Black-tailed Prairie Dog 学名:Cynomys ludovicianus


北米の草原地帯に穴を掘って生活しています。巣穴のトンネルは、深さ1~5m、長さ30m。新鮮な空気が通り抜けるようになっていて、貯蔵室や寝室、子供部屋、トイレなどのたくさんの小部屋に分かれています。
巣穴の近くの見張り台に立ち、天敵が近づくと「キャンキャン」と犬のような鳴き声で警告することから「ドッグ」という名前がつきました。この鳴き声には、たくさんの情報が含まれていて、1秒程度の中に、接近する動物の種類や色、大きさ、だいたいの形、脅威の程度などの情報が入っていることが確認されているそうです。家族同士は仲が良く、鼻をくっつけたり、キスをしたりして互いに挨拶を交わします。
巣穴が畑や牧草地を荒らすということで害獣として駆除されたりしましたが、彼らのいなくなった地域では逆に草原が荒れていき、場合によっては砂漠化が進するという結果もでているそうです。


# by PhotoSumika | 2017-12-05 05:06 | プレーリードッグ(61) | Comments(0)

マレーワシミミズク:Barred Eagle Owl

b0249597_06234589.jpg

マレーワシミミズク
分類:フクロウ目 フクロウ科
英名:Barred Eagle Owl  学名:Bubo sumatrana


マレー半島南部やスマトラ島などの東南アジアの低地の森林に生息する大型のミミズクです。夜行性で、齧歯類や小型の鳥類昆虫、ヘビなどを捕らえて食べます。


# by PhotoSumika | 2017-12-04 06:25 | ワシミミズク(14) | Comments(0)

メジロ:Japanese White-eye

b0249597_12010711.jpg


# by PhotoSumika | 2017-12-03 12:02 | メジロ(9) | Comments(0)

ダルマワシ:Bateleur

b0249597_07034695.jpg
分類:タカ目 タカ科
英名:Bateleur 学名:Terathopius ecaudatus

アフリカのサハラ砂漠以南の、サバンナや低木地、開けた森林に生息します。
赤い顔と大きな目、胴と尾羽が短く、ずんぐりして見えるので達磨の名前がつきましたが、翼を広げると180cmにもなり、とても器用に上手に飛ぶので、英名はフランス語の意味する「軽業師」にちなんでいます。
体を少し揺すりながら飛ぶのが特徴で、1日のほとんどを空中ですごし、日に300km以上飛ぶといわれています。
ヘビやトカゲ、小型の哺乳類や腐肉などを食べますが、性格は臆病だそうです。
猛禽類では珍しく雌雄で体色が異なり、雌には翼を横切る白い帯があります。
樹上に大きな巣を作り、1個の卵を産みます。抱卵期間は約2ヶ月で、巣立ちは90日~190日と大きな幅があり、寿命は約30年です。

# by PhotoSumika | 2017-12-02 07:04 | ダルマワシ(3) | Comments(0)

ニホンツキノワグマ:Japanese black bear

b0249597_06473377.jpg



# by PhotoSumika | 2017-12-01 06:50 | ニホンツキノワグマ(3) | Comments(0)

椿

b0249597_18340373.jpg

# by PhotoSumika | 2017-11-30 18:35 | 植物・昆虫など | Comments(0)

ハクビシン:Masked Palm Civet

b0249597_09024422.jpg
分類:食肉目(ネコ目)  ジャコウネコ科
英名:Masked Palm Civet 学名:Paguma larvata

東南アジア大陸部から中国南部、海南島、スマトラ、ボルネオ、台湾に分布し、日本では北海道から九州まで不連続的に棲息の報告があります。在来種なのか外来種なのかはっきりしていませんが、明治時代に毛皮用として中国などから持ち込まれた一部が野生化したとの説が有力です。
生息域は山麓から市街地まで入り込み、民家に棲みついて騒音や糞尿による生活被害、果樹や農作物を荒らす農業被害をもたらします。
夜行性で、植物食中心の雑食性。果実や鳥、卵などを食べますが、特に果実を好み、熟した果実や野菜などを見つけると毎夜同じ路を使って通うために獣道が形成されます。
長野県では1976年に県の天然記念物に指定されましたが、1995年に解除されています。
中国南部では、食材として煮込み料理などに用いられてきたそうです。。
かつて、重症急性呼吸器症候群(SARS)が騒動となった時、ウイルスの自然宿主ではないかと疑われましたが、その後の調査により、ハクビシンではなく、キクガシラコウモリというコウモリの一種であることが判明したそうです。
年間を通して発情・出産し、妊娠期間は2ヶ月で、1~4匹の子供を産みます

# by PhotoSumika | 2017-11-30 09:04 | ハクビシン(5) | Comments(0)

ゴールデンターキン:Golden Takin

b0249597_08063260.jpg

ゴールデンターキン
分類:ウシ目 ウシ科
英名:Golden takin 学名:Budorcas taxicolor bedfordi

中国陝西省南部、標高2,500~4,000m山岳地帯、ササやシャクナゲが密生しているようなところを好んで生息しています。群れをつくり、夏は高地へ、冬は低地へ移動しながら暮らしています。
オレンジ色を帯びたような黄色や金白色の毛で覆われ、体じゅうの臭腺から分泌する油のような液のため毛がべとついていますが、体が霧で濡れるのを防いでいるといわれています。
草食で、主に木の葉や草、ハーブ、冬季には小枝なども食べます。高い所にある木の葉を、後足で立って採食することが観察されています。
繁殖期は7~8月頃で、1子を出産し、子どもは生後3日ほどで親のまわりについて歩くようになります。天敵の危険があるときや、長距離を移動するときは、母子で共鳴しながら行動します。
分布域が限られているほか、元来の生息数も少ないため、国際保護動物に指定されています。 


# by PhotoSumika | 2017-11-29 08:07 | ゴールデンターキン(6) | Comments(0)

カルガモ:Spot-billed duck

b0249597_06011633.jpg

# by PhotoSumika | 2017-11-27 06:02 | カルガモ | Comments(0)

インカアジザシ:Inca Tern

b0249597_08325658.jpg


# by PhotoSumika | 2017-11-26 08:34 | インカアジサシ(6) | Comments(0)

ユキヒョウ:Snow leopard

b0249597_07503012.jpg


# by PhotoSumika | 2017-11-23 07:53 | ユキヒョウ(9) | Comments(0)

カオムラサキラングール:Purple-faced Langur

b0249597_18222896.jpg


カオムラサキラングール
分類:霊長目(サル目) オナガザル科
英名:Purple-faced Langur 学名:Trachypithecus vetulus


日本の動物園で見れるのは、千葉市動物公園だけの珍しい猿。スリランカの林だけに棲息していて、主には木の葉を食べています。
一頭の雄を中心に複数の雌と子供で5~10頭の群れをつくり、せまい範囲にたくさんの群れが密集します。そのため、縄張り争いがとても激しく、雄による群れの乗っ取りもあるそうです。
森林伐採による棲息地の減少と狩猟によって、この数十年で半数に激減し、今もその数を減らして絶滅が危惧されています。
ラングールとはサンスクリット語で「痩せたサル」、ヒンディー語で「長い尻尾」の意味だそうです。


# by PhotoSumika | 2017-11-21 18:24 | カオムラサキラングール(22) | Comments(0)

オニオオハシ:Toco Toucan

b0249597_06220150.jpg


# by PhotoSumika | 2017-11-20 06:25 | オニオオハシ(13) | Comments(0)

チーター:Cheetah

b0249597_09523617.jpg


# by PhotoSumika | 2017-11-19 09:54 | チーター(8) | Comments(0)

ヒワコンゴウインコ:Buffon's macaw

b0249597_18235361.jpg

ヒワコンゴウインコ
分類:オウム目 インコ科
英名:Buffon's macaw 学名:Ara ambigus



ニカラグアから西コロンビアにかけての中央アメリカの熱帯雨林に生息し、つがい、もしくは小さな群れで行動します。
食性は植物食で、果実や木の実、主にアーモンドの実を主食としています。
アーモンドの木の伐採やペット用の密猟で生息数は激減していて、ニカラグアでは、1998年に550羽ほど存在していたのが、2000年には200羽余りに減少してしまいました。絶滅危惧種で、取引は厳しく制限されています。


# by PhotoSumika | 2017-11-18 18:28 | コンゴウインコ(30) | Comments(0)

カイツブリ

b0249597_20162487.jpg

# by PhotoSumika | 2017-11-17 20:19 | カイツブリ | Comments(0)

カルガモ:Spot-billed duck

b0249597_17415902.jpg

# by PhotoSumika | 2017-11-16 17:42 | カルガモ | Comments(0)

オランウータン:Orang-utan

b0249597_06412981.jpg


# by PhotoSumika | 2017-11-15 06:42 | オランウータン(17) | Comments(0)

カルガモ:Spot-billed duck

b0249597_05361701.jpg

# by PhotoSumika | 2017-11-14 05:37 | カルガモ | Comments(0)