人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ミナミコアリクイ:Southern tamandua

b0249597_08364043.jpg

ミナミコアリクイ
分類: 貧歯目(有毛目) オオアリクイ科
英名:Southern Tamandua 学名:Tamandus tetradactyla


南アメリカ北部および東部の森林のほか、サバンナなどの樹上で生活しています。
木の枝などに巻きつけることができる尾を持ち、樹の間を巧みに移動することが出来ます。
アリやシロアリ、ハチなどを40cm程もある細長い長い舌でからめ取るようにして食べます。
群は作らず単独で行動し、樹洞などを巣に利用します。子育ては雌が行い,子どもは母親の背中にのって過ごします。
大きな爪はアリ塚などを壊すのに役に立つほか強力な武器としても使われ、ジャガーやピューマなどの外敵に出会ったときは、後肢と尾で体を支えて前肢を広げて立ち上がって身構えるそうです。自分を出来るだけ大きく見せるつもりのようですが、この威嚇のポーズがあまりにも可愛らしいので、話題になったりします。


by PhotoSumika | 2018-12-22 08:36 | ミナミコアリクイ(10) | Comments(0)

カラフトフクロウ:Great Grey Owl

b0249597_05401388.jpg



by PhotoSumika | 2018-12-17 05:40 | カラフトフクロウ(15) | Comments(0)

ミーアキャット:Meerkat

b0249597_07174438.jpg

by PhotoSumika | 2018-12-13 07:19 | ミーアキャット(46) | Comments(0)

ルリコンゴウインコ:Blue-and-yellow Macaw

b0249597_18003514.jpg

ルリコンゴウインコ
分類:オウム目 インコ科
英名:Blue-and-yellow Macaw 学名:Ara ararauna


南アメリカ大陸のパナマ南部からブラジル、ボリビア、パラグアイとトリニダードにいたる沼沢性熱帯雨林に生息します。一夫一婦制で、相手が死ぬまで連れ添うそうです。
遠くまで響く大きな叫び声のような鳴き声で仲間とのコミュニケーションをはかります。主に果実、種子、小型の昆虫などを食べます。奇心が旺盛で、性格も温和ですが、大きなクチバシは硬いヤシの実も簡単に割って中身を食べてしまうほど、強い力があります。人間と同じように上手に使える黒い舌があり、頭もよく、モノマネが得意だそうです。
とても長生きで、50年以上も生きるといわれています。


by PhotoSumika | 2018-12-08 18:01 | コンゴウインコ(47) | Comments(2)

ネパールワシミミズク:Spot-bellied Eagle Owl

b0249597_19103828.jpg

ネパールワシミミズク
分類:フクロウ目 フクロウ科
英名:Spot-bellied Eagle Owl 学名:Bubo nipalensis


ネパールやヒマラヤ、スリランカなどの東南アジアの高温で湿潤な森に生息する大型のフクロウです。夜行性で、昆虫や小型の哺乳類、鳥類や蛇などの爬虫類などを獲物にします。
現地の人々から「悪魔の鳥」と呼ばれるほど気味の悪い声で鳴くそうです。
近縁種のネパールワシミミズクとよく似ていますが、お腹の模様がハートの形をしているのが特徴です。


by PhotoSumika | 2018-12-03 19:11 | ワシミミズク(17) | Comments(0)

ダルマワシ:Bateleur

b0249597_08564017.jpg
ダルマワシ
分類:タカ目 タカ科
英名:Bateleur 学名:Terathopius ecaudatus


アフリカのサハラ砂漠以南の、サバンナや低木地、開けた森林に生息します。
赤い顔と大きな目、胴と尾羽が短く、ずんぐりして見えるので達磨の名前がつきましたが、翼を広げると180cmにもなり、とても器用に上手に飛びます。英名はフランス語の意味する「軽業師」にちなんでいます。
体を少し揺すりながら飛ぶのが特徴で、1日のほとんどを空中ですごし、日に300km以上飛ぶといわれています。
ヘビやトカゲ、小型の哺乳類や腐肉などを食べますが、性格は臆病だそうです。
猛禽類では珍しく雌雄で体色が異なり、雌には翼を横切る白い帯があります。


by PhotoSumika | 2018-12-01 08:57 | ダルマワシ(10) | Comments(0)