人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アカアシドゥクラングール:Red-shanked Douc Langur

b0249597_16350229.jpg
アカアシドゥクラングール
分類:霊長目 オナガザル科
英名:Red-shanked Douc Langur 学名:Pygathrix nemaeus


 
ベトナムやラオスの低地から高地の森林地帯に生息しています。樹上生活をしていて、とても敏捷です。リーフイーターと呼ばれる草食性のサルで、木の葉を主食としてますが果実なども食べ、地上に降りることは滅多にありません。
1頭の雄が率いる4~15頭程度の群れで生活していますが、複数の群れが集まって50頭程の群れをつくることもあります。1産1子で、寿命は25年程です。
世界で一番美しいサルともいわれていますが、ベトナム戦争の際に枯葉剤の散布によって生息地の多くを失い、その後も開発のための環境破壊や密猟によって激減し、絶滅危惧種としてレッドリストに指定されています。日本では横浜動物園のみで飼育され、繁殖にも成功しています。


by PhotoSumika | 2018-11-24 16:35 | アカアシドゥクラングール(7) | Comments(0)

メガネグマ:Spectacled Bear

b0249597_06214743.jpg

メガネグマ
分類:食肉目(ネコ目) ネコ科
英名:Spectacled Bear 学名: Tremarctos ornatus


南アメリカに生息する唯一のクマです。、ベネズエラ西部から、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビアなの、高山地帯の森林から低地のサバンナまで幅広く分布しています。
目のまわりのクリーム色の斑紋が、メガネのようにみえるのが名前の由来になっています。植物食の強い雑食で、果実や木の葉、サボテンなどを食べますが、時にはシカやラマなどの大柄の獣を捕らえることもあります。
木登りが上手で、木の上に枝を集めて巣を作ることもあります。妊娠期間160~225日で、1~2子を出産します。子どもは8ヵ月頃までは母親と一緒に生活し、雄は5年、雌は4~7年で性成熟します。
おとなしい性質で、人との接触を避けて生活していますが、狩猟や害獣としての駆除に加え、生息地の開発や破壊で、生息数は減少しています。


by PhotoSumika | 2018-11-22 06:22 | メガネグマ(1) | Comments(0)

サーバル:Serval

b0249597_18123995.jpg

サーバル
分類:食肉目(ネコ目)ネコ科
英名: Serval  学名:Felis Serval / Leptailurus serval


サハラ砂漠以南のアフリカに分布し、背の高い草木のある草原や、川辺近くの葦の茂みや草むらなどを好んで生息しています。
大きな耳が特徴で、土の中にいるネズミの動きさえ聞き取るといわれています。
非常に敏捷で、茂みなどに身を隠しながら忍び寄ってジャンプによる奇襲を得意とし、ネズミやウサギ類、ホロホロチョウなどの鳥類や爬虫類などを獲物とします。
地上性の動物ですが、木登りもうまく、泳ぎも上手です。
妊娠期間は74日前後、一度の出産で2~3頭の子を産み、ヤマアラシやツチブタなどの巣跡を育児用に使います。
日本ではペットとして取引もされてもいますが、危険動物の飼育許可が必要です。



by PhotoSumika | 2018-11-19 18:13 | サーバル(7) | Comments(0)

ミーアキャット:Meerkat

b0249597_07254312.jpg


by PhotoSumika | 2018-11-17 07:27 | ミーアキャット(46) | Comments(0)

企画展に出展します。

b0249597_07073305.jpg
b0249597_07074797.jpg
ギャラリーオアシスの企画展
「自然を愛する仲間たち作品展 冬のたより」に出展します。
19名の作家さんたちが集います。
期間中はワークショップもあるそうです。
自分は写真の展示販売で参加しますので、お近くの方は是非遊びに来てください。

by PhotoSumika | 2018-11-17 07:18 | ★お知らせ | Comments(0)

テングザル:Proboscis monkey

b0249597_19061750.jpg



by PhotoSumika | 2018-11-09 19:07 | テングザル(9) | Comments(0)

タテガミオオカミ:Maned wolf

b0249597_19261343.jpg

タテガミオオカミ
分類:食肉目(ネコ目) イヌ科
英名:Maned wolf  学名:Chrysocyon brachyurus


オオカミの名前がついていますが、むしろキツネに近い動物で、本種のみでタテガミオオカミ属を構成します。南米に生息するイヌ科の仲間では最大で、体重は20~23kg、首から背中に流れる黒くて長い体毛がタテガミの名前のいわれです。大きな耳と長い四肢が特徴で、聴覚に優れ、茂みの中を歩くのに適しています。基本的に夜行性で、群れをつくらず単独で生活します。
実は、チーターに次いで世界で2番目に早く走る動物で、最高速度は時速90kmにも達します。獲物は、ネズミやモグラや昆虫、カタツムリ、雑食で果物なども食べます。足の速さが必要だったのかな? と、ちょっと不思議です。また歩き方に特徴があって、右と左、同じ側の前脚と後脚を同時に動かします。この歩き方は、側対歩といって、キリンやゾウなどの草食動物にみられる歩き方です。
家禽を襲ったり、農作物を荒らしたりするので、害獣として駆除されることもありますが、生息数は2000頭程ともいわれており、絶滅が危惧されています。


by PhotoSumika | 2018-11-06 19:26 | タテガミオオカミ(1) | Comments(0)

ご訪問頂いた皆様、ありがとうございました。

b0249597_19505354.jpg
お時間がありましたら、お立ち寄りください。

by PhotoSumika | 2018-11-02 08:57 | ★お知らせ | Comments(0)