<   2017年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

椿

b0249597_18340373.jpg

by PhotoSumika | 2017-11-30 18:35 | 植物・昆虫など | Comments(0)

ハクビシン:Masked Palm Civet

b0249597_09024422.jpg
分類:食肉目(ネコ目)  ジャコウネコ科
英名:Masked Palm Civet 学名:Paguma larvata

東南アジア大陸部から中国南部、海南島、スマトラ、ボルネオ、台湾に分布し、日本では北海道から九州まで不連続的に棲息の報告があります。在来種なのか外来種なのかはっきりしていませんが、明治時代に毛皮用として中国などから持ち込まれた一部が野生化したとの説が有力です。
生息域は山麓から市街地まで入り込み、民家に棲みついて騒音や糞尿による生活被害、果樹や農作物を荒らす農業被害をもたらします。
夜行性で、植物食中心の雑食性。果実や鳥、卵などを食べますが、特に果実を好み、熟した果実や野菜などを見つけると毎夜同じ路を使って通うために獣道が形成されます。
長野県では1976年に県の天然記念物に指定されましたが、1995年に解除されています。
中国南部では、食材として煮込み料理などに用いられてきたそうです。。
かつて、重症急性呼吸器症候群(SARS)が騒動となった時、ウイルスの自然宿主ではないかと疑われましたが、その後の調査により、ハクビシンではなく、キクガシラコウモリというコウモリの一種であることが判明したそうです。
年間を通して発情・出産し、妊娠期間は2ヶ月で、1~4匹の子供を産みます

by PhotoSumika | 2017-11-30 09:04 | ハクビシン(5) | Comments(0)

ゴールデンターキン:Golden Takin

b0249597_08063260.jpg

ゴールデンターキン
分類:ウシ目 ウシ科
英名:Golden takin 学名:Budorcas taxicolor bedfordi

中国陝西省南部、標高2,500~4,000m山岳地帯、ササやシャクナゲが密生しているようなところを好んで生息しています。群れをつくり、夏は高地へ、冬は低地へ移動しながら暮らしています。
オレンジ色を帯びたような黄色や金白色の毛で覆われ、体じゅうの臭腺から分泌する油のような液のため毛がべとついていますが、体が霧で濡れるのを防いでいるといわれています。
草食で、主に木の葉や草、ハーブ、冬季には小枝なども食べます。高い所にある木の葉を、後足で立って採食することが観察されています。
繁殖期は7~8月頃で、1子を出産し、子どもは生後3日ほどで親のまわりについて歩くようになります。天敵の危険があるときや、長距離を移動するときは、母子で共鳴しながら行動します。
分布域が限られているほか、元来の生息数も少ないため、国際保護動物に指定されています。 


by PhotoSumika | 2017-11-29 08:07 | ゴールデンターキン(6) | Comments(0)

カルガモ:Spot-billed duck

b0249597_06011633.jpg

by PhotoSumika | 2017-11-27 06:02 | カルガモ(8) | Comments(0)

インカアジザシ:Inca Tern

b0249597_08325658.jpg


by PhotoSumika | 2017-11-26 08:34 | インカアジサシ(6) | Comments(0)

ユキヒョウ:Snow leopard

b0249597_07503012.jpg


by PhotoSumika | 2017-11-23 07:53 | ユキヒョウ(11) | Comments(0)

カオムラサキラングール:Purple-faced Langur

b0249597_18222896.jpg




by PhotoSumika | 2017-11-21 18:24 | カオムラサキラングール(24) | Comments(0)

オニオオハシ:Toco Toucan

b0249597_06220150.jpg


by PhotoSumika | 2017-11-20 06:25 | オニオオハシ(15) | Comments(0)

チーター:Cheetah

b0249597_09523617.jpg


by PhotoSumika | 2017-11-19 09:54 | チーター(9) | Comments(0)

ヒワコンゴウインコ:Buffon's macaw

b0249597_18235361.jpg

ヒワコンゴウインコ
分類:オウム目 インコ科
英名:Buffon's macaw 学名:Ara ambigus



ニカラグアから西コロンビアにかけての中央アメリカの熱帯雨林に生息し、つがい、もしくは小さな群れで行動します。
食性は植物食で、果実や木の実、主にアーモンドの実を主食としています。
アーモンドの木の伐採やペット用の密猟で生息数は激減していて、ニカラグアでは、1998年に550羽ほど存在していたのが、2000年には200羽余りに減少してしまいました。絶滅危惧種で、取引は厳しく制限されています。


by PhotoSumika | 2017-11-18 18:28 | コンゴウインコ(44) | Comments(0)