<   2017年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

カピバラ:Capybara

b0249597_08124287.jpg


カピバラ
齧歯目(ネズミ目) カピバラ科
英名:Capybara 学名:Hydrochoerus hydrochaeris


世界最大の齧歯類で、南アメリカ東部アマゾン川流域の水辺に生息しています。和名は、オニテンジクネズミといいます。
性格は穏やかで、動物園によっては放し飼い状態で直接触れ合うことが出来るところもあります。
タワシのような硬い体毛が特徴で、足には水かきがあり、泳ぎが得意で水中に
5分以上潜ることもできるそうです。10頭ほどの群れで生活し、朝夕に川辺や水中の草などを食べ、集団で子育てを行います。一見のんびり屋のようですが、いざという時はとても敏捷に動きます。
食用にしている国もあって、過去に日本でも輸入を試みたようですが、販路が開拓できなかったという話もあります。


by PhotoSumika | 2017-02-26 08:12 | カピバラ(18) | Comments(0)

メジロ:Japanese White-eye

b0249597_06471228.jpg


by PhotoSumika | 2017-02-25 06:47 | メジロ(11) | Comments(0)

ワオキツネザル:Ring-tailed Lemur

b0249597_05364682.jpg


by PhotoSumika | 2017-02-23 05:37 | ワオキツネザル(36) | Comments(0)

チーター:Cheetah

b0249597_05375125.jpg


by PhotoSumika | 2017-02-19 05:38 | チーター(8) | Comments(0)

エリマキキツネザル:Ruffed lemur

b0249597_05542796.jpg


エリマキキツネザル (クロシロエリマキキツネザル)
分類:霊長目(サル目)キツネザル科
英名:Black-and-white Ruffed Lemur 学名:Varecia variegata


マダガスカル島の多雨林だけに生息する原始的なサルで、家族単位の小さな群れで暮らしています。エリマキのような白い毛と、キツネのような顔が特徴的です。エリマキキツネザルの仲間は本種の他にアカエリマキキツネザルが知られています。
樹上生活で、果実や木の葉、花などを食べ、タビビトノキの花の蜜が大好物だそうです。エサを食べるときは、あまり手を使わず、直接口で食べることが多いです。
繁殖は6~7月頃で、2~3子を出産します。サルにしてはめずらしく、樹の上に巣を作って子育てを行う習性があり、採食時には、子供を巣において出かけるそうです。授乳期間は半年程で、2年で性成熟します。
ときどき群全体で大きな声で鳴き、動物園でも観ている人をびっくりさせることがあります。人によく馴れ飼育もしやすく、ペット目的の密猟と生息地の森林の減少で、絶滅の危機に瀕しています。世界中の動物園で、飼育で増えたエリマキキツネザルを野生にかえす取り組みが進んでいるそうです。


by PhotoSumika | 2017-02-18 05:55 | エリマキキツネザル(12) | Comments(0)

アカアシドゥクラングール:Red-shanked Douc Langur

b0249597_05121407.jpg


アカアシドゥクラングール
分類:霊長目 オナガザル科
英名:Red-shanked Douc Langur 学名:Pygathrix nemaeus


 
ベトナムやラオスの低地から高地の森林地帯に生息しています。樹上生活をしていて、とても敏捷です。リーフイーターと呼ばれる草食性のサルで、木の葉を主食としてますが果実なども食べ、地上に降りることは滅多にありません。
1頭の雄が率いる4~15頭程度の群れで生活していますが、複数の群れが集まって50頭程の群れをつくることもあります。1産1子で、寿命は25年程です。
世界で一番美しいサルともいわれていますが、ベトナム戦争の際に枯葉剤の散布によって生息地の多くを失い、その後も開発のための環境破壊や密猟によって激減し、絶滅危惧種としてレッドリストに指定されています。日本では横浜動物園のみで飼育され、繁殖にも成功しています。


by PhotoSumika | 2017-02-17 05:13 | アカアシドゥクラングール(6) | Comments(0)

メジロ:Japanese White-eye

b0249597_05304665.jpg


by PhotoSumika | 2017-02-15 05:31 | メジロ(11) | Comments(0)

コゲラ:Japanese Pygmy Woodpecker

b0249597_15022463.jpg



by PhotoSumika | 2017-02-12 15:02 | コゲラ(4) | Comments(0)

水馬余白図

b0249597_06132470.jpg

by PhotoSumika | 2017-02-11 06:13 | 植物・昆虫など | Comments(0)

カバ:Hippopotamus

b0249597_05351802.jpg


カバ
分類:鯨偶蹄目 カバ科
英名:Hippopotamus 学名:Hippopotamus amphibius


アフリカ大陸の赤道付近に生息し、10~20頭程度の群れで生活しています。1日のほとんどを水中で過ごし、夜間に陸に上がって草原の草を食べます。陸上動物としてはゾウの次に重い動物です。
陸上で脅威を感じると、水辺を目指して一目散に走るほど臆病な反面、獰猛な性質を併せ持っていて、縄張りの侵入者に対しては非常に攻撃的です。
皮膚は乾燥や紫外線に弱く、これらから保護するために、俗に「血の汗」と呼ばれる赤みを帯びた粘液を体表から分泌します。この粘液は紫外線の遮断と保湿の効果で皮膚を保護するとともに殺菌作用があり、汚れた淡水中でも感染症に罹ることなく生活できそうです。
糞をしながら尾で撒き散らすので、動物園で観察するときは注意が必要かもしれません。


by PhotoSumika | 2017-02-09 05:36 | カバ(9) | Comments(0)