<   2016年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

空への想い

b0249597_740432.jpg

by PhotoSumika | 2016-12-31 07:40 | 植物・昆虫など | Comments(0)

ベニイロフラミンゴ:Caribbean Flamingo

b0249597_5424747.jpg

ベニイロフラミンゴ
分類:フラミンゴ目 フラミンゴ科
英名:Caribbean Flamingo 学名:Phoenicopterus ruber ruber


北アメリカのフロリダ半島から南アメリカ北部にかけてのカリブ海沿岸に分布し、干潟や、汽水域沿岸、また内陸部の湖の周りなどに巨大なコロニーを作ります。
フラミンゴのなかでは最も大型で、鮮やかな紅色が特徴です。
大きく下に曲がった嘴の中には、ラメラと呼ばれる細かい毛が生えていて、これで水の中のプランクトンや昆虫、藻などを漉しとって食べます。
体の紅色は、餌に含まれる色素によるもので、動物園などの飼育下での環境では、餌にこの色素を配合して体の色を維持しているそうです。
寿命は長く、40年以上生きるそうです。


by PhotoSumika | 2016-12-28 05:42 | フラミンゴ(38) | Comments(0)

オランウータン:Orang-utan

b0249597_583737.jpg

by PhotoSumika | 2016-12-26 05:08 | オランウータン(19) | Comments(0)

ホウオウジャク:Paradise Whydah

b0249597_8253890.jpg

by PhotoSumika | 2016-12-25 08:25 | ホウオウジャク | Comments(0)

ルリビタキ:Red-flanked bluetail

b0249597_7503630.jpg



by PhotoSumika | 2016-12-23 07:51 | ルリビタキ(10) | Comments(0)

ヘビクイワシ:Secretary bird

b0249597_5445746.jpg



by PhotoSumika | 2016-12-21 05:45 | ヘビクイワシ(35) | Comments(0)

妖精のレース:Fairy lace

b0249597_545365.jpg

by PhotoSumika | 2016-12-19 05:45 | 風景 | Comments(0)

ライオン:Lion

b0249597_1445677.jpg



by PhotoSumika | 2016-12-18 14:46 | ライオン(19) | Comments(0)

シセンレッサーパンダ:Styan's Red Panda

b0249597_1955431.jpg


シセンレッサーパンダ
分類:食肉目(ネコ目)  レッサーパンダ科
英名:Red Panda 学名:Ailurus fulgens styani

レッサーパンダの2亜種の内の1亜種で中国四川省~ミャンマー北部の高山にある竹林や森林に、子連れのメス以外は単独で暮らしています。
名前にパンダとありますが、ジャイアントパンダと種類的な繋がりはありません。
基本的に夜行性で、主として竹や笹の葉を食べますが、筍、木の実、果物、昆虫、鳥なども食べる雑食性です。
もともと、周囲の様子をうかがうときに二本足で直立することがありますが、千葉市動物公園の風太くんがマスコミで取り上げられて一大ブームを引き起こしました。
前肢の親指の付け根の骨が指のように突起していて、物をつかむことができます。
動物園で観察していると、頻繁にオシリを木などに擦りつけていますが、これは、肛門近くにある臭腺から匂いを出して、マーキングをしているのです。
妊娠期間は90~150日、樹洞や岩の隙などで、たいていの場合2頭を出産します。授乳期間は約5ヶ月、18~20か月で性成熟します。寿命は8~10年です。
全世界の動物園の半数近くの約230頭が日本の動物園で飼育されているそうです。
by PhotoSumika | 2016-12-17 19:06 | レッサーパンダ(117) | Comments(0)

キンケイ:Golden Pheasant

b0249597_5322215.jpg

キンケイ
分類:キジ目 キジ科
英名: Golden Pheasant  学名:Chrysolophus pictus


中国南西部からチベット、ミャンマー北部にかけての標高1000m位の山地に棲息し、笹やシャクナゲの密生した藪のような場所を好んで生活しています。食性は雑食で、草や木の葉、根、昆虫などを食べます。
オスは赤と金属光沢のある黄色、襟首の黄色と黒の飾り羽が特徴で、とても派手な色合いをしています。
派手な色彩にかかわらず身を隠すのが巧みで、棲息地でも見つけることが難しいため、野生での生態は不明な点多いそうです。しかし飼育は比較的容易で、鑑賞や愛玩用として輸出されていました。西欧では美しすぎるために、実在することが信じられず、長いあいだ想像上の鳥と考えられていました。日本では江戸時代から広く知られていて飼われていて、現代でもペットとして流通しているそうです。


by PhotoSumika | 2016-12-16 05:32 | キンケイ(1) | Comments(0)