カテゴリ:コビトマングース(1)( 1 )

コビトマングース:Dwarf Mongoos

b0249597_07081426.jpg

コビトマングース
分類:食肉目(ネコ目) マングース科
英名:Dwarf Mongoose 学名:Helogale parvula


エチオピアから南アフリカにかけてのサバンナなど、樹木ががまばらに生えているような地域に生息しています。マングースの仲間ではもっとも体が小さく、20~25cm程度です。
社会性が強く、2〜15頭ほどの群れで生活をし、土の中や蟻塚というアリが作った土の山の中に巣穴を作ります。
昼間に活動し、肉食性でシロアリやオロギなどの昆虫、ヘビやネズミ、鳥の卵などを食べますが、時には果物なども食べます。
繁殖は群れの中の高位の雌によって行われ、妊娠期間は49~56日、雨季に4~6子を出産します。子どもは下位の雌たちが、しばしば共同で子育てをし、2~3年で性成熟します。


by PhotoSumika | 2018-08-10 07:09 | コビトマングース(1) | Comments(0)