カテゴリ:レンジャク(7)( 7 )

ヒレンジャク:Japanese Waxwing

b0249597_06241044.jpg

ヒレンジャク
分類:スズメ目 レンジャク科
英名:Japanese Waxwing  学名:Bombycilla japonica


シベリア東部、中国北東部で繁殖し、日本には冬鳥として飛来します。尾羽の先が赤いのが特徴です(キレンジャクは黄色です)。キレンジャクが東日本に多いのに対して、ヒレンジャクは西日本に多いようです。平安時代から「連雀(れんじゃく)」「唐雀(からすずめ)」などとして知られていましたが、ヒレンジャク、キレンジャクが区別されたのは江戸時代だそうです。
数羽から数十羽の群れをつくり(キレンジャクが混ざっているこよもあります)、開けた森林や農地、公園などに餌となる果実を求めて飛来します。日本に飛来する非繁殖期には、果実のほか、ヤドリギ、ネズミモチ、イボタノキ、ニシキギ、ノイバラ、ヤツデなどを食べますが、繁殖期の夏の間は昆虫食です。
レンジャク類は「ヤドリギの種子」を好んで食べますが、ヤドリギの種子は粘着性が強いため、おしりからぶら下がりながら排出されるところが観察されます。ヤドリギは半寄生植物で他の樹木の枝の上に生育しますが、ヒレンジャクが遠くの樹で糞をすると、粘液によって樹皮上に張り付き発芽します。ヒレンジャクとヤドリギは共生関係にあるパートナーなのです。


by PhotoSumika | 2018-05-30 06:25 | レンジャク(7) | Comments(0)

ヒレンジャク:Japanese Waxwing

b0249597_12002206.jpg



by PhotoSumika | 2018-05-03 12:01 | レンジャク(7) | Comments(0)

ヒレンジャク:Japanese Waxwing

b0249597_09494940.jpg



by PhotoSumika | 2018-04-01 09:50 | レンジャク(7) | Comments(0)

ヒレンジャク:Japanese Waxwing

b0249597_08092734.jpg

ヒレンジャク
分類:スズメ目 レンジャク科
英名:Japanese Waxwing  学名:Bombycilla japonica


シベリア東部、中国北東部で繁殖し、日本には冬鳥として飛来します。尾羽の先が赤いのが特徴です(キレンジャクは黄色です)。キレンジャクが東日本に多いのに対して、ヒレンジャクは西日本に多いようです。平安時代から「連雀(れんじゃく)」「唐雀(からすずめ)」などとして知られていましたが、ヒレンジャク、キレンジャクが区別されたのは江戸時代だそうです。
数羽から数十羽の群れをつくり(キレンジャクが混ざっているこよもあります)、開けた森林や農地、公園などに餌となる果実を求めて飛来します。日本に飛来する非繁殖期には、果実のほか、ヤドリギ、ネズミモチ、イボタノキ、ニシキギ、ノイバラ、ヤツデなどを食べますが、繁殖期の夏の間は昆虫食です。
レンジャク類は「ヤドリギの種子」を好んで食べますが、ヤドリギの種子は粘着性が強いため、おしりからぶら下がりながら排出されるところが観察されます。ヤドリギは半寄生植物で他の樹木の枝の上に生育しますが、ヒレンジャクが遠くの樹で糞をすると、粘液によって樹皮上に張り付き発芽します。ヒレンジャクとヤドリギは共生関係にあるパートナーなのです。


by PhotoSumika | 2018-03-21 08:10 | レンジャク(7) | Comments(0)

ヒレンジャク:Japanese Waxwing

b0249597_16522188.jpg

ヒレンジャク
分類:スズメ目 レンジャク科
英名:Japanese Waxwing  学名:Bombycilla japonica


シベリア東部、中国北東部で繁殖し、日本には冬鳥として飛来します。尾羽の先が赤いのが特徴です(キレンジャクは黄色です)。キレンジャクが東日本に多いのに対して、ヒレンジャクは西日本に多いようです。平安時代から「連雀(れんじゃく)」「唐雀(からすずめ)」などとして知られていましたが、ヒレンジャク、キレンジャクが区別されたのは江戸時代だそうです。
数羽から数十羽の群れをつくり(キレンジャクが混ざっているこよもあります)、開けた森林や農地、公園などに餌となる果実を求めて飛来します。日本に飛来する非繁殖期には、果実のほか、ヤドリギ、ネズミモチ、イボタノキ、ニシキギ、ノイバラ、ヤツデなどを食べますが、繁殖期の夏の間は昆虫食です。
レンジャク類は「ヤドリギの種子」を好んで食べますが、ヤドリギの種子は粘着性が強いため、おしりからぶら下がりながら排出されるところが観察されます。ヤドリギは半寄生植物で他の樹木の枝の上に生育しますが、ヒレンジャクが遠くの樹で糞をすると、粘液によって樹皮上に張り付き発芽します。ヒレンジャクとヤドリギは共生関係にあるパートナーなのです。



by PhotoSumika | 2018-03-03 16:54 | レンジャク(7) | Comments(0)

キレンジャク:Bohemian Waxwing

b0249597_07144251.jpg

キレンジャク
分類:スズメ目 レンジャク科
英名:Bohemian Waxwing  学名:Bombycilla garrulus


ユーラシア大陸中央部やスカンジナビア半島、アメリカ大陸北西部と広く繁殖し、日本には冬鳥として飛来します。尾羽の先が黄色いのが特徴です(ヒレンジャクは赤色です)。ヒレンジャクが西日本に多いのに対して、キレンジャクは東日本に多いようです。
繁殖地の木の実が豊作である年は、あまり渡りをせず餌場にとどまるようですが、いったん渡って来た時には、かなりの数が公園や路樹などに群がる様子が観察できます。
平安時代から「連雀(れんじゃく)」「唐雀(からすずめ)」などとして知られていましたが、ヒレンジャク、キレンジャクが区別されたのは江戸時代だそうです。
レンジャク類は「ヤドリギの種子」を好んで食べますが、ヤドリギの種子は粘着性が強いため、おしりからぶら下がりながら排出されるところが観察されます。ヤドリギは半寄生植物で他の樹木の枝の上に生育しますが、キレンジャクが遠くの樹で糞をすると、粘液によって樹皮上に張り付き発芽します。キレンジャクとヤドリギは大切なパートナー関係なのです。


by PhotoSumika | 2018-02-25 07:16 | レンジャク(7) | Comments(0)

ヒレンジャク:Japanese Waxwing

b0249597_07403284.jpg



by PhotoSumika | 2018-02-24 07:43 | レンジャク(7) | Comments(0)