カテゴリ:アオジ(3)( 3 )

アオジ:Black-faced bunting

b0249597_11560163.jpg

アオジ
分類:スズメ目 ホオジロ科
英名:Black-faced bunting 学名:Emberiza spodocephala 


日本では本州中部以北で繁殖し、冬は関東以西の積雪の無い地方の、林や藪地に生息します。雑食で、植物の種子や昆虫類を地上で採食します。
地表や樹上に植物の茎や葉で椀状の巣を作り、5~7月に3~5個の卵を産みます。雌が抱卵し、雛は12~13日で巣立ちます。
漢字表記の「蒿雀」の蒿はヨモギで、地表にいると迷彩柄のようで、近くにいても周りの景色に溶け込んで目立たなくなります。
和歌山に伝わる妖怪送り雀は、「チチチ・・・」という鳴き声から蒿雀ともされています。夜中に山道を歩いていてこの鳴き声が聞こえると妖怪「送り狼」が現れ、うっかり転ぶと襲撃されるそうで、鳴き声を聞いた者は、転ばないよう足元に注意を払って歩いたと云われています。気付かぬ内に身近にいることから、気をつけて歩きなさいと注意する先人の知恵かもしれません。


by PhotoSumika | 2018-05-03 11:57 | アオジ(3) | Comments(0)

アオジ:Black-faced bunting

b0249597_07294791.jpg



by PhotoSumika | 2018-03-21 07:30 | アオジ(3) | Comments(0)

アオジ:Black-faced bunting

b0249597_06414590.jpg



by PhotoSumika | 2018-02-19 06:46 | アオジ(3) | Comments(0)