人気ブログランキング |

カテゴリ:カイツブリ(3)( 3 )

ハジロカイツブリ:Black-necked Grebe

b0249597_07544304.jpg
ハジロカイツブリ
分類:カイツブリ目 カイツブリ科
英名:Black-necked Grebe  学名:Podiceps nigricollis

冬鳥として日本各地に渡来、海岸沿いや湖沼、河川など穏やかな水面で生活します。
普通のカイツブリに比べてやや大きく、赤い目とやや反り返った嘴が特徴です。また、夏場は黒い頭部の頬から黄色の飾り羽が出てとても派手ですが、冬場は淡灰色の地味な装いになります。
水に潜って小型の魚や貝、水生昆虫、甲殻類を捕食しますが、藻類なども食べます。
繁殖期には、雌雄で水草などで浮き巣を作り、3~4個の卵を産みます。抱卵と育雛は夫婦で行い、抱卵日数は20~21日。巣を離れるときは卵を天敵に狙われないように水草で覆い隠すため、緑白色の卵は汚れて赤褐色になります。雛は21日以上かけて巣立ちます。
渡りの時には大きな群れを作ります。

by PhotoSumika | 2018-04-20 07:58 | カイツブリ(3) | Comments(0)

カイツブリ:Little grebe

b0249597_07081740.jpg

カイツブリ
分類:カイツブリ目 カイツブリ科
英名:Little grebe 学名:Tachybaptus ruficollis


日本のカイツブリ科の鳥ではもっとも小型で、本州中部以南では留鳥として周年生息しますが、北海道や本州北部では夏鳥です。流れの緩やかな河川や湖沼などで水上生活し、ほとんど歩くことはありません。足が尻あたりから生えているので、歩くにはバランスが悪いですが、水の中では足を櫂のように使って潜り泳ぎます。
食性は主に動物食で、魚類、昆虫、甲殻類、貝類などを潜水して捕食します。潜水時間は平均15秒程です。
雌雄で水生植物の葉や茎を組み合わせた巣を作り、4~7月に卵を産みます。雌雄交代で抱卵し、巣を離れるときは卵を巣材で隠します。抱卵期間は20~25日、約1週間で巣から出るようになります。親は雛を背中に乗せて保温や外敵からの保護を行い、そのまま潜水することもあります。雛は親鳥より餌の捕えかたを教えられ、60~70日で巣立ち、1年で性成熟します。


by PhotoSumika | 2018-04-02 07:09 | カイツブリ(3) | Comments(0)

カイツブリ:Little grebe

b0249597_20162487.jpg



by PhotoSumika | 2017-11-17 20:19 | カイツブリ(3) | Comments(0)