カテゴリ:アライグマ(1)( 1 )

アライグマ:Common raccoon

b0249597_515793.jpg

アライグマ
分類:食肉目(ネコ目)アライグマ科
英名:Common raccoon 学名:Procyon lotor


北アメリカ原産で、日本やヨーロッパにも外来種として生息しています。水辺近くの森林などを好みますが、湿地、農耕地、海岸、都市といった幅広い環境に適応し、他の動物が掘った巣穴や木の洞、農家の納屋や物置などに棲みつきます。
視覚があまりよくないため、食物をこすって感触を確認する仕草が名前の由来だそうで、英名もインディアン語の「手でこするもの」という意味が語源となっているそうです。雑食性で、甲殻類や昆虫、鳥の卵や果実、居住区の生ゴミなども漁ります。手先が器用なため、ペットとした輸入されたものが脱走し野生化、自然界で繁殖してしまいました。外来種問題として深刻な被害を引き起こしていて、日本では2005年に特定外来生物に指定され、飼育・譲渡・輸入が禁止されています。


by PhotoSumika | 2013-10-10 05:15 | アライグマ(1) | Comments(0)