カテゴリ:オオタカ(2)( 2 )

オオタカ:Northern Goshawk

b0249597_55541.jpg

オオタカ
分類:タカ目 タカ科
英名:Northern Goshawk 学名:Accipiter gentilis


北アフリカおよびユーラシア大陸と北アメリカ大陸の温帯・亜寒帯南部に分布し、日本では鷹類の代表です。
絶滅を危惧されていましたが、戦後に植林された杉が営巣に適した大きさになったこと、獲物となる中型の鳥類が豊富なこと、また野鳥保護により都会を生活圏にするなど、日本全体の個体数は激増しているとも言われています。
樹上に営巣し、2~4個の卵を主に雌が抱卵します。抱卵期間は約38日、性成熟は2年で、自力で餌を捕れるようになると親の縄張りから立ち去ります。
狩りは、飛んでいる鳥類を狙うことが多く、一度狙いをつけた獲物を執拗に追い続けます。
古くから鷹狩りに使われていましたが、現在では国内のオオタカの捕獲が禁止されているため、海外から輸入されるオオタカで伝統技術の承継が行われているそうです。


by Photosumika | 2014-10-31 05:04 | オオタカ(2) | Comments(0)

オオタカ:Northern Goshawk

b0249597_5553072.jpg

by PhotoSumika | 2013-01-05 06:08 | オオタカ(2) | Comments(0)