カテゴリ:ミナミコアリクイ(8)( 8 )

ミナミコアリクイ:Southern tamandua

b0249597_07102289.jpg

ミナミコアリクイ
分類: 貧歯目(有毛目) オオアリクイ科
英名:Southern Tamandua 学名:Tamandus tetradactyla


南アメリカ北部および東部の森林のほか、サバンナなどの樹上で生活しています。
木の枝などに巻きつけることができる尾を持ち、樹の間を巧みに移動することが出来ます。
アリやシロアリ、ハチなどを40cm程もある細長い長い舌でからめ取るようにして食べます。
群は作らず単独で行動し、樹洞などを巣に利用します。子育ては雌が行い,子どもは母親の背中にのって過ごします。
大きな爪はアリ塚などを壊すのに役に立つほか強力な武器としても使われ、ジャガーやピューマなどの外敵に出会ったときは、後肢と尾で体を支えて前肢を広げて立ち上がって身構えるそうです。自分を出来るだけ大きく見せるつもりのようですが、この威嚇のポーズがあまりにも可愛らしいので、話題になったりします。


by PhotoSumika | 2018-07-27 07:11 | ミナミコアリクイ(8) | Comments(0)

ミナミコアリクイ:Southern tamandua

b0249597_05311226.jpg



by PhotoSumika | 2018-06-29 05:32 | ミナミコアリクイ(8) | Comments(0)

ミナミコアリクイ

b0249597_5163994.jpg

ミナミコアリクイ
分類: 貧歯目(有毛目) オオアリクイ科
英名:Southern Tamandua 学名:Tamandus tetradactyla


南アメリカ北部および東部の森林のほか、サバンナなどの樹上で生活しています。
木の枝などに巻きつけることができる尾を持ち、樹の間を巧みに移動することが出来ます。
アリやシロアリ、ハチなどを40cm程もある細長い長い舌でからめ取るようにして食べます。
群は作らず単独で行動し、樹洞などを巣に利用します。子育ては雌が行い,子どもは母親の背中にのって過ごします。
大きな爪はアリ塚などを壊すのに役に立つほか強力な武器としても使われ、ジャガーやピューマなどの外敵に出会ったときは、後肢と尾で体を支えて前肢を広げて立ち上がって身構えるそうです。自分を出来るだけ大きく見せるつもりのようですが、この威嚇のポーズがあまりにも可愛らしいので、話題になったりします。


by PhotoSumika | 2012-10-30 05:17 | ミナミコアリクイ(8) | Comments(0)

ミナミコアリクイ

b0249597_61763.jpg

by PhotoSumika | 2012-09-09 06:00 | ミナミコアリクイ(8) | Comments(0)

ミナミコアリクイ

b0249597_51758100.jpg

by PhotoSumika | 2012-08-27 05:18 | ミナミコアリクイ(8) | Comments(0)

ミナミコアリクイ

b0249597_17214257.jpg

by PhotoSumika | 2012-08-22 17:21 | ミナミコアリクイ(8) | Comments(0)

ミナミコアリクイ

b0249597_5293082.jpg

by PhotoSumika | 2012-08-10 05:30 | ミナミコアリクイ(8) | Comments(0)

ミナミコアリクイ

b0249597_7173911.jpg

by PhotoSumika | 2012-08-04 07:17 | ミナミコアリクイ(8) | Comments(0)