カテゴリ:トビ(1)( 1 )

トビ

b0249597_6412042.jpg

トビ
分類:タカ目 タカ科
英名:Black Kite 学名:Milvus migrans


ユーラシア大陸からアフリカ大陸、オーストラリアにかけて広く分布しています。
トンビが輪を描き「ピーヒョロロロロ…」と、日本では最も身近な猛禽類です。高山から都市部まで生息地を選びませんが、漁港の周辺などは特に多いようです。
あまり羽ばたかず、上昇気流を利用して輪を描くように滑空します。視力発達していて、上空から餌を探し、急降下して捕らえます。獲物は動物の死骸やカエル、トカゲ、魚などの小動物ですが、都市部では生ゴミなども食べ、人間が食べているものを攫うこともあり、問題になっている地域もあります。また、カラスと食物が似ていて競合関係にあるため、争っている光景がよく見かけられるそうです。
ことわざや、色、職業など、日本人の文化にも大きく関わっています。


by PhotoSumika | 2012-05-03 06:41 | トビ(1) | Comments(0)