カテゴリ:ウ(3)( 3 )

カワウ:Great Cormorant

b0249597_07554217.jpg

カワウ
分類:カツオドリ目 ウ科
英名:Great Cormorant 学名:Phalacrocorax carbo


日本では主に本州、四国、九州の河川付近で留鳥として生息しますが、最近では北海道でも繁殖が確認されているそうです。1970年代には3000羽、80年代には2万5000羽、2000年には6万羽、現在では15万羽以上と、急激に数を増やしています。公害規制による河川水質の向上や、鯉などの放流で餌となる魚が増えたのが原因ともいわれています。ウミウに似ていますが、若干小さく、嘴の基部の形状等で識別できます。
群れをつくり、採餌に出かける早朝と、ねぐらに戻る夕方には、V字形に編隊を組み、移動距離は10~20kmとされています。餌は魚類で潜水して捕食します。魚種は選びませんが一日に500gを食べるそうです。油分の少ない翼羽はあまり水をはじかないため、羽を広げて乾かしている姿も見かけます。
一夫一妻で、樹上や鉄塔に枯れ枝で皿形の巣を作り、通常3-4個の卵を産みます。抱卵、育雛は雌雄で行い、抱卵期間24~28日、30~45日で巣立ちます。
有名な鵜飼は、本種ではなくウミウを使いますが、中国では本種のカワウを用いるそうです。 


by PhotoSumika | 2018-07-13 07:57 | ウ(3) | Comments(0)

カワウ:Great Cormorant

b0249597_5572256.jpg

by PhotoSumika | 2013-03-23 05:56 | ウ(3) | Comments(0)

カワウ:Great Cormorant

b0249597_6305773.jpg

by PhotoSumika | 2012-03-23 14:19 | ウ(3) | Comments(0)