人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 4 )

カワセミ:Common kingfisher

b0249597_07270311.jpg
カワセミ
分類:ブッポウソウ目 カワセミ科
英名:Common Kingfisher 学名:Alcedo atthis


海岸や川、湖、池などの水辺に生息し、都市部の公園の池などでもみられます。
渓流の宝石ともよばれるほど美しいコバルトブルーが特徴で、これは羽毛の構造色によるもので、光の加減により青色から緑色に変化します。
水辺の石や枝の上から水中に飛び込んで、魚類や甲殻類、水生昆虫などを捕らえます。空中でホバリングしながら飛び込むこともあります。
雌雄の見分け方は嘴の色で、全体が黒いのが雄、下の嘴が赤いのが雌です。
殖期にはオスがメスへ獲物をプレゼントする求愛給餌の行動がみられます。垂直な土手に横穴の巣をつくり、3-4個の卵を産みます。抱卵日数は約20日で、孵化後約20日で巣立ちします。


by PhotoSumika | 2019-01-01 07:27 | Comments(0)

カラカル:Caracal

b0249597_06183817.jpg

カラカル
分類:食肉目 ネコ科
英名:Caracal 学名:Caracal caracal


アフリカ、アフガニスタン、イラン、インド、パキスタンなどの、砂漠、草原、丘陵地に生息しています。夜行性ですが、昼に行動することもあります。
先端に黒く長い房毛が生えている耳が特徴で、カラカルという名前は、トルコ語で黒い耳を意味するkarakulakに由来しているそうです。
肉食性で小型哺乳類や鳥類を食べます。とても俊敏で、3メートルもジャンプして小鳥を捕らえたりします。
妊娠期間は約9週間、岩の隙間や樹洞、ツチブタやキツネの捨てた穴を利用して2頭~4頭の子を産みます。
人にも馴れ、イランやインドでは飼い馴らして狩猟に使ったりもしたそうです。
広い地域に分布していますが、近年の森林開発で生息数が減少しています。


by PhotoSumika | 2018-09-01 06:19 | Comments(0)

インカアジザシ:Inca Tern

b0249597_06165335.jpg

インカアジサシ
分類:チドリ目 カモメ科
英名:Inca Tern 学名:Larosterna inca


ペルーからチリにかけての南アメリカ太平洋岸に分布し、数千羽の大群をつくります。
赤い嘴と目の下から出る白いひげのような飾り羽が特徴的で、雌雄ほぼ同色です。
多数の群れを形成し漁に出て、イワシや甲殻類などを採食します。水の上をゆっくり飛びながら、獲物を狙い、見つけると急降下して水面から捕らえて食べます。また、アシカや猛禽類の食べ残しなども食るそうです。
断崖絶壁に守られた岩や砂浜などを営巣地とし、岩の割れ目や小さな洞窟、放棄されたミズナギドリやペンギンの巣穴などを利用して巣を作ります。
1~2個の卵を産み、抱卵期間は28日。動物園でも順調に繁殖に成功しているそうです。


by PhotoSumika | 2018-07-19 06:17 | Comments(0)

ニシゴリラ:Gorilla gorilla

b0249597_15492313.jpg
ニシゴリラ
分類:霊長目(サル目) ヒト科
英名:Westarn Gorillaa 学名:Gorilla gorilla gorilla


西アフリカの熱帯雨林に生息し、シルバーバックと呼ばれる雄をリーダーに、
雌とその子どもの5~10頭の群れで生活しています。
雑食で、果実や葉や昆虫などを食べ、毎日違う寝床を作って休みます。
握り拳で地面を突く歩くナックルウォーキングと呼ばれる独特の歩き方をします。
長い間、凶暴な動物であると誤解されてきましたが、温和で繊細な性質です。敵を威嚇するときに両手で胸をたたくドラミングと呼ばれる行動も、無用な争いを避けるための平和主義から来ているものかも知れません。
国内の動物園で飼育されているゴリラは全てニシゴリラです。


by PhotoSumika | 2018-07-02 15:50 | Comments(0)