フタユビナマケモノ:Linné's Two-toed Sloth

b0249597_07212753.jpg

フタユビナマケモノ
分類:貧歯目(有毛目) フタユビナマケモノ科
英名:Linné's Two-toed Sloth 学名:Choloepus didactylus


南アメリカ北部の熱帯林に生息しています。一生のほとんどを長い鈎爪で樹の枝にぶらさがり、1日の大半を寝て過ごします。地上は1週間に1度程、排泄のために降りてきます。筋肉が他の動物に比べて半分くらいしかないため、緩慢であまり動くことはしません。そのため、体に苔が生えてしまいますが、ジャングルの中ではそれがカモフラージュになるようです。
嗅覚が良く、匂いでコミュニケーションをとっていると考えられています。
夜間に植物の葉や芽、果実などを取って食べ、水分はほとんど果汁で摂取します。
一頭の子を産み、子どもは母親にしがみついて育ちます。子どもが成長すると、母親は子どもに自分の住みかの樹を譲って、違う場所に移動するそうです。
地上では不器用ですが泳ぎは得意で、樹上から川へと飛び込むこともあり、長い腕を器用に使って泳ぐそうです。


by PhotoSumika | 2018-05-15 07:23 | フタユビナマケモノ(2) | Comments(0)
<< アフリカヘラサギ:Africa... デザインフェスタ VOL.4... >>