カワセミ:Common kingfisher

b0249597_12032291.jpg
カワセミ
分類:ブッポウソウ目 カワセミ科
英名:Common Kingfisher 学名:Alcedo atthis


海岸や川、湖、池などの水辺に生息し、都市部の公園の池などでもみられます。
渓流の宝石ともよばれるほど美しいコバルトブルーが特徴で、これは羽毛の構造色によるもので、光の加減により青色から緑色に変化します。
水辺の石や枝の上から水中に飛び込んで、魚類や甲殻類、水生昆虫などを捕らえます。空中でホバリングしながら飛び込むこともあります。
雌雄の見分け方は嘴の色で、全体が黒いのが雄、下の嘴が赤いのが雌です。
殖期にはオスがメスへ獲物をプレゼントする求愛給餌の行動がみられます。垂直な土手に横穴の巣をつくり、3-4個の卵を産みます。抱卵日数は約20日で、孵化後約20日で巣立ちします。



by PhotoSumika | 2018-05-03 12:04 | カワセミ(8) | Comments(0)
<< ウグイス:Japanese B... ヒレンジャク:Japanese... >>