ハシビロガモ:Northern shoveler

b0249597_09060586.jpg

ハシビロガモ
分類:カモ目 カモ科
英名: Northern shoveler  学名:Anas clypeata


北アメリカ大陸やユーラシア大陸の高緯度から中緯度の地域で繁殖し、日本には越冬のため飛来します。幅の広い嘴が和名の由来になっていて、英名もシャベルに由来しています。
繁殖地では開けた草原に生息しますが、越冬地では河川や湖沼などに生活します。
雌雄識別の特徴は、目の光彩の色で、雄が黄色なのに対して雌の色は褐色です。また、雌の地味な体色に対して、繁殖期のオスの頭部は光沢のある濃い緑色で印象的です。繁殖期を終えて換羽期に入る時期(エクリプス)には、雄は雌とよく似た色合いになりますが、目の光彩の色で見分けることができます。
食性は植物食傾向の強い雑食で、種子やプランクトン、昆虫や魚類などを食べます。水面に嘴をつけて水ごと食物を吸い込み、嘴で食物だけを濾して採食を行います。
雌は枯れ草などを組み合わせた直径20~30cmの巣をつくり、7~14個の卵を産みます。抱卵も雌のみが行い、抱卵期間は22~28日。雛は40~45日で飛べるようになり独立し、1年で性成熟します。


by PhotoSumika | 2018-04-18 09:07 | ハシビロガモ(2) | Comments(0)
<< プレーリードッグ:Black-... イヌワシ:Golden eagle >>