イヌワシ:Golden eagle

b0249597_05180303.jpg
イヌワシ
分類:タカ目 タカ科
英名:Golden eagle 学名:Aquila chrysaetos


北半球に生息する猛禽類で、日本でも北海道から九州の山岳地帯に生息していますが、その生息状況は危機的状況です。
日本では国の天然記念物、石川県の県鳥で、メキシコでは国鳥に指定されています。
イヌワシのイヌは、劣っているとか下級という意味で、クマタカなどにくらべて尾羽が矢羽としての価値が低かった事に由来しています。
上空から獲物を発見すると、翼をすぼめ急降下し、時速240キロ以上のスピードで獲物に襲いかかります。
断崖や大木の高い場所に木の枝や枯草などを組み合わせた巣を作りますが、営巣場所が限られるため毎年同じ巣を使うことが多いようです。


by PhotoSumika | 2018-04-16 05:19 | イヌワシ(18) | Comments(0)
<< ハシビロガモ:Northern... ニシゴリラ:Gorilla g... >>