コゲラ:Japanese Pygmy Woodpecker

b0249597_08130523.jpg

コゲラ
分類:キツツキ目 キツツキ科
英名: Japanese pygmy woodpecker  学名:Dendrocopos kizuki


日本に生息するキツツキとしては最も小さく、日本では亜寒帯針葉樹林から亜熱帯照葉樹林まで広く分布する留鳥です。近年は都市の近郊にも定着しており、街路樹や公園の樹木などでもよく見られます。
食性は雑食で、主に昆虫など捕食しますが、木の実を食べることもあります。樹木を縦横にこまかく移動しながら、葉についた虫や、樹つついて小さい穴を開け、長い舌を差し入れて樹中の虫を摂食します。
つがいや家族で、互いを確認をするため「ギー、ギー」という声を出します。さえずりをしないかわりに、嘴で木を強く連続して叩いて音を出すドラミングを行い、縄張りの主張やペアの募集などを行います。雄は頭の後ろにわずかに赤い点があるのが特徴です。
関東では4月下旬ごろからカップルで木の幹に直径3cm程の巣穴を開け2個の卵を産みます。抱卵期間は約2週間で、雛は約1ヶ月で巣立ちますが、その後もしばらくは家族とともに暮らします。


by PhotoSumika | 2018-03-21 08:14 | コゲラ(4) | Comments(0)
<< メジロ:Japanese Wh... ヒレンジャク:Japanese... >>