ワシミミズク:Eurasian Eagle Owl

b0249597_06483877.jpg

ワシミミズク
分類:フクロウ目 フクロウ科
英名:Eurasian Eagle Owl 学名:Bubo bubo

ユーラシア大陸北部に生息する最大級のフクロウで、北海道でも少数ですが観察されています。
翼をひろげると180cmもなり、力の強さと獰猛さで最強の「夜の猛禽」と呼ばれています。ノウサギやネズミ、鳥などの他、キツネやイタチどの肉食獣、他の猛禽類も狩の対象で、体重13kgのシカを倒した記録もあるそうです。獲物が通るのをじっと待ち、音も立てずに幅の広い翼をゆっくりと羽ばたいて襲いかかります。
縄張り意識がつよく、つがいは一生を共にし、高い岩棚、川岸の斜面や木の根の間などに巣を作り、雌が抱卵します。
野生での寿命は20年を超え、飼育下ではロシアで68年間生きた記録があるそうです。
イギリスでは数を増やし、今では原産の希少野生動物の生存を脅かすまでとなり、自然の営みとして静観するか、外来種とみなして対抗策を講じるかと、専門家の間でも意見が分かれているそうです。


by PhotoSumika | 2017-12-11 06:50 | ワシミミズク(17) | Comments(0)
<< エナガ:Long-tailed... ワオキツネザル:Ring-ta... >>