タグ:千葉市動物公園 ( 1191 ) タグの人気記事

コツメカワウソ:Asian Short-clawed otter

b0249597_08475916.jpg
コツメカワウソ
分類:食肉目(ネコ目) イタチ科
英名:Asian Short-clawed otter 学名:Aonyx cinerea

最近、人気急上昇中のコツメカワウソ。カワウソ類の中ではもっとも体が小さく、手足の爪が小さいことからコツメの名前がつきました。
泳ぎがとても上手で、水中で獲物を捕獲します。たいへん遊び好きで好奇心も旺盛。前足がとても器用で、ジャグリングといって、小石や木の葉をオモチャにしているのを動物園でも観察できます。
家族で群れをつくって生活し、小さな兄弟に泳ぎを教えたり、おやつのドジョウを獲ってあげたり。水中ボクシングではしゃいだりと、見飽きることがありません。人にもよく慣れるので、マレーシアでは漁に使ったりもしているそうです。

by PhotoSumika | 2017-05-28 08:49 | コツメカワウソ(57) | Comments(0)

クロザル:Celebes Macaque

b0249597_05361063.jpg
クロザル
分類:霊長目(サル目) オナガザル科
英名:Celebes Macaque 学名:Macaca nigra

インドネシアのスラウエシ(セレベス)島北側先端部という限られたた地域に生息しています。
複数の雄と雌からなる30頭ほどの群れで生活しており、樹上生活をしていますが地上を移動します。
食性は雑食で、果実や昆虫の他、小動物なども食べます。
オナガザル科に属するサルですが尾はほとんどありません。
体毛も顔も黒色で、後方へ突出した頭部の冠毛、ピンク色の尻だこが特徴です。
表情で、いろいろなコミュニケーションをとるといわれています。
森林破壊や狩猟のため絶滅の危機に瀕しています。

by PhotoSumika | 2017-05-25 05:37 | クロザル(1) | Comments(0)

コツメカワウソ:Asian Short-clawed otter

b0249597_10400571.jpg

by PhotoSumika | 2017-05-20 10:42 | コツメカワウソ(57) | Comments(0)

ハシビロコウ:Shoebill

b0249597_05350738.jpg

by PhotoSumika | 2017-05-17 05:37 | ハシビロコウ(28) | Comments(0)

アメリカオシ:Wood Duck

b0249597_08262577.jpg

アメリカオシ
分類:ガンカモ目 ガンカモ科
英名:Wood Duck 学名:Aix sponsa


北アメリカに分布するオシドリの仲間で、オスは鮮やかな羽色をしています。
川や湖、湿地に生息し、おもに水草や植物の種子を食べています。
水辺近くの樹洞にをつくり、人が作った巣箱もよく利用するそうですが、間違えてお隣さんの巣に卵を産んでしまう、うっかりものもいるそうです。
抱卵とヒナの世話はメスだけが行い、ヒナは孵化するとすぐに水辺まで歩きます


by PhotoSumika | 2017-05-06 09:33 | アメリカオシ(6) | Comments(0)

オシドリ:Mandarin duck

b0249597_06472774.jpg
オシドリ
分類:ガンカモ目 ガンカモ科
英名:Mandarin duck 学名:Aix galericulata

東アジアのみに分布します。日本では北海道や本州中部以北で繁殖し、本州以南で越冬します。
渓流、湖沼などに生息し、水辺の木陰を好みます。
食性は植物食傾向の強い雑食で、水生植物、果実、種子、昆虫、陸棲の貝類などを食べます。
「おしどり夫婦」という言葉がありますが、実際は他のカモの仲間と同様、毎年必ずパートナーをかえるそうで、抱卵もヒナの世話のメスだけで行います。

by PhotoSumika | 2017-05-05 06:49 | オシドリ(4) | Comments(0)

キンクロハジロ:Tufted duck

b0249597_20564237.jpg

by PhotoSumika | 2017-05-04 20:57 | キンクロハジロ | Comments(0)

ライオン:Lion

b0249597_06480732.jpg
ライオン
分類:ネコ目 ネコ科
英名:Lion 学名:Panthera leo

多くはアフリカのサバンナや草原に分布しますが、1万年程前はヒトに次いで広く分布していたそうです。オスのタテガミが特徴的で、百獣の王としてシンボルなどにも多用されてきました。
一夫多妻で、ネコ科の動物にはあまり見られない社会性があり、プライドという群れをつくります。狩はメスの集団が連係し、大型の有蹄類を襲います。
弱肉強食の頂点に君臨しますが、ライオン社会も強いものしか生き残れない厳しい世界です。特にオスは、野生で10年以上生きることは稀で、その寿命は飼育下の半分以下だそうです。

by PhotoSumika | 2017-04-30 06:49 | ライオン(9) | Comments(0)

コフラミンゴ:Lesser Flamingo

b0249597_05403863.jpg
コフラミンゴ
分類:フラミンゴ目 フラミンゴ科
英名:Lesser Flamingo 学名:Phoenicopterus minor

アフリカの大地溝帯辺りから、パキスタン、インド北西部に分布し、巨大なコロニーをつくります。強アルカリ性の湖沼にも住み、ケニアナクル湖はその生息地としても有名です。
フラミンゴの中では最も小さく、羽の色はピンクがかった白色で、くちばしの黒い部分が多く、エキゾチックな顔立ちをしています。
最も数の多いフラミンゴで、200万羽にも達するといわれていますが、1970年代には約600万羽いたと推定されていますから、その生息数は激減しています。
他のフラミンゴと同様、大きく下に曲がった嘴で水の中のプランクトンや昆虫、藻などをこしとって食べます。
雛はすぐに幼鳥の群れに加わり、その数は時に数百羽や数千羽を超え、数匹の成鳥に守られて20マイルもの旅をします。

by PhotoSumika | 2017-04-27 05:41 | フラミンゴ(28) | Comments(0)

ギンケイ:Lady Amherst's Pheasant

b0249597_05363921.jpg
ギンケイ
分類:キジ目 キジ科
英名:Lady Amherst's Pheasant 学名:Chrysolophus amherstiae

主に中国南西部からチベット、ミャンマー北部にかけて分布しています。山岳地帯の薮や竹林に生息し、植物の新芽や種子、昆虫などを食べます。
雌は地味ですが、雄は白、緑、青、黄、赤など多彩な色の羽と、白黒の縞模様のある長い上尾筒を持って、求愛の際には頸部の白色に黒い縁取りのある鱗状斑の飾羽を膨らませてりディスプレイを行います。

by PhotoSumika | 2017-04-21 05:38 | ギンケイ(5) | Comments(0)