ペンギンの惑星:Penguin Planet

b0249597_5295247.jpg

# by PhotoSumika | 2016-10-01 05:29 | フンボルトペンギン(20) | Comments(0)

ニワトリ:Chicken

b0249597_536113.jpg

# by PhotoSumika | 2016-09-30 05:36 | ニワトリ(8) | Comments(0)

コツメカワウソ:Asian Short-clawed otter

b0249597_5105857.jpg

# by PhotoSumika | 2016-09-29 05:11 | コツメカワウソ(57) | Comments(0)

エミュー:Emu

b0249597_5211034.jpg



エミュー
分類:ダチョウ目 ヒクイドリ科
英名:Emu 学名:Dromaius novaehollandiae

オーストラリア全域の草原や砂地などに分布しています。ダチョウの次に背の高い鳥ですが、同様に飛ぶことができません。
食性は雑食で、草や花、昆虫なども食べます。寒暖の差にも強く、丈夫で、繁殖能力も高いです。乾期には食物となる草や種子をもとめて、何百kmをも移動することもあり、その7万羽を越える大群になることもあるそうです。
産卵は、3日から5日の間隔で1個ずつ、産卵期間中に合計で10~30個程度の卵を産み、10個程度の産卵後にオスが抱卵します。その間、約2ヶ月は飲まず食わずだそうで、孵化後も2~3ヶ月間はオスが雛を外敵などから守ります。
前にしか歩くことができず、「前進あるのみ」という意味をこめてオーストラリアでは国鳥に指定しているそうです。
性質は温和で、人間にも良く馴れ、家畜としての注目度も高く、畜産、羽毛利用の他、脂肪から取れるオイルは、スキンケアなどの医薬部外品として期待されているそうです。
# by PhotoSumika | 2016-09-27 05:21 | エミュー(22) | Comments(0)

シロトキ:American White Ibis

b0249597_5143153.jpg


シロトキ
分類:コウノトリ目 トキ科
英名:American White Ibis 学名:Eudocimus albus

北米から南米の海岸やマングローブ林に生息し、1万羽以上の大群を形成することもあります。
しばしばサギ類と共同でコロニーを作ることもあり、雄が巣材を集め、雌が水辺の樹上などに巣を作ります。
3~5個の卵を産み、抱卵期間は21~23日。抱卵、育雛とも雌雄共同で行います。甲殻類、カエル、魚類、昆虫類などの小動物を捕食します。
# by PhotoSumika | 2016-09-26 05:15 | シロトキ(2) | Comments(0)

カメ御殿:Middle-earth of Turtle

b0249597_812677.jpg

# by PhotoSumika | 2016-09-25 08:12 | 風景 | Comments(0)

シセンレッサーパンダ:Styan's Red Panda

b0249597_612798.jpg

# by PhotoSumika | 2016-09-22 06:01 | レッサーパンダ(104) | Comments(0)

ヘビクイワシ:Secretary bird

b0249597_5115990.jpg

# by PhotoSumika | 2016-09-21 05:12 | ヘビクイワシ(30) | Comments(0)

カイワレ大根

b0249597_10372551.jpg

# by PhotoSumika | 2016-09-19 10:37 | 植物・昆虫など | Comments(0)

ムフロン:Mouflon

b0249597_658365.jpg


ムフロン
分類:偶蹄目(ウシ目) ウシ科
英名:Mouflon 学名:Ovis musimon

主に地中海の沿岸地域などに分布し、オオカミなどの外敵を避けるために、険しい山岳地帯に群れを作って生息しています。
野性のヒツジではもっとも体が小さく、家畜のヒツジは紀元前6000年ごろにムフロンを改良してつくられたといわれています。
主に草や木の葉などを食べ、雌雄ともに角がありますが、成獣の雄の角は大きく、渦巻状にひと回りして1メートル近くにもなります。
警戒心が強く、1回に1~2頭を出産し、寿命は約15年です
# by PhotoSumika | 2016-09-18 06:58 | ムフロン(10) | Comments(0)

Rudbeckia

b0249597_6494456.jpg

# by PhotoSumika | 2016-09-17 06:49 | 植物・昆虫など | Comments(0)

ムギワラトキ:Straw-necked Ibis

b0249597_540759.jpg




# by PhotoSumika | 2016-09-16 05:40 | ムギワラトキ(2) | Comments(0)

Lycaenidae

b0249597_522533.jpg

# by PhotoSumika | 2016-09-15 05:23 | 植物・昆虫など | Comments(0)

カラフトフクロウ:Great Grey Owl

b0249597_5153690.jpg



分類:フクロウ目 フクロウ科
英名:Great Grey Owl 学名:Strix nebulosa

ユーラシア北部や北アメリカの寒冷な針葉樹林に生息する大型のフクロウで、昼夜を問わず活動します。
食性は肉食性で、主にノネズミなどの小型の哺乳類や鳥類を食べます。
聴覚が非常に発達しており、同心円状の模様のついた顔はパラボラアンテナのように音を集め、雪の下にいる餌物を音のみで発見することができます。ハンティングは、上空100mまで飛翔し、その後一気に降下して一撃で仕留めます。
他の鳥類の古巣や地上、切株などで繁殖し、雛への給餌は雌雄共同で行います。
# by PhotoSumika | 2016-09-13 05:15 | カラフトフクロウ(8) | Comments(0)

モルモット:Guinea pig

b0249597_7341923.jpg

# by PhotoSumika | 2016-09-12 07:35 | モルモット(1) | Comments(0)

生命の惑星

b0249597_6433164.jpg

# by PhotoSumika | 2016-09-11 06:43 | 植物・昆虫など | Comments(0)

ヒオドシジュケイ:Satyr tragopan

b0249597_6265454.jpg


ヒオドシジュケイ
分類:キジ目 キジ科
英名: Satyr tragopan 学名:Tragopan satyra


インド、チベット、ネパール、ブータンなど、主にヒマラヤ山系に分布し、夏場は標高2500~4200mほどの高地で生活していますが、冬場には1800m位まで降りてきます。ジュケイの中でも最も体が大きくオスは鮮やかな紅色の体に黒い縁取りのある白色の斑点とても美しい鳥です。名前のヒオドシは「緋縅」で大鎧の一部分の名前からきています。
鮮やかな青色の肉垂と肉質の角を持ち、求愛の時に膨らませます。なかなか見られないので、動物園で見れたらラッキーですね。
地上を動き回りながら植物の葉や種子、果実の他、昆虫などを採食します。
# by PhotoSumika | 2016-09-10 06:27 | ヒオドシジュケイ(5) | Comments(0)

浅き夢見し

b0249597_5191248.jpg

# by PhotoSumika | 2016-09-09 05:19 | 植物・昆虫など | Comments(0)

エミュー:Emu

b0249597_5155963.jpg


分類:ダチョウ目 ヒクイドリ科
英名:Emu 学名:Dromaius novaehollandiae

オーストラリア全域の草原や砂地などに分布しています。ダチョウの次に背の高い鳥ですが、同様に飛ぶことができません。
食性は雑食で、草や花、昆虫なども食べます。寒暖の差にも強く、丈夫で、繁殖能力も高いです。乾期には食物となる草や種子をもとめて、何百kmをも移動することもあり、その7万羽を越える大群になることもあるそうです。
産卵は、3日から5日の間隔で1個ずつ、産卵期間中に合計で10~30個程度の卵を産み、10個程度の産卵後にオスが抱卵します。その間、約2ヶ月は飲まず食わずだそうで、孵化後も2~3ヶ月間はオスが雛を外敵などから守ります。
前にしか歩くことができず、「前進あるのみ」という意味をこめてオーストラリアでは国鳥に指定しているそうです。
性質は温和で、人間にも良く馴れ、家畜としての注目度も高く、畜産、羽毛利用の他、脂肪から取れるオイルは、スキンケアなどの医薬部外品として期待されているそうです。
# by PhotoSumika | 2016-09-08 05:16 | エミュー(22) | Comments(0)

パズル

b0249597_546167.jpg

# by PhotoSumika | 2016-09-07 05:46 | 創作作品 | Comments(0)

フサホロホロチョウ:Vultrine Guineafowl

b0249597_1924269.jpg


フサホロホロチョウ
分類:キジ目ホロホロチョウ科
英名:Vultrine Guineafowl学名:Acryllium vulturinum

エチオピア、ソマリアからタンザニアに至るまでの東アフリカの半砂漠のステップに生息し、ホロホロチョウ類の中で最大の種類で、青と白の羽が美しく、 雄と雌は同じ外観をしています
普段は数十羽ほどの群れで生活し、昼光性で、地面を歩き回りながら植物の種子や果実、昆虫類を食べ、水を飲まなくても長期間生きることができます。
足が速く、樹上のねぐらに飛び上がる以外に飛ぶことはありません。
繁殖期には一夫一妻のつがいとなり、地上に簡単な巣をつくり、13~15個の卵を産みます。
こわそうな顔をしていますが、性質は温和で、きれいな声で鳴きます。成長すると目の虹彩が灰色から赤色に変わります。
# by PhotoSumika | 2016-09-05 19:03 | フサホロホロチョウ(11) | Comments(0)

ミツバチ

b0249597_1142529.jpg

# by PhotoSumika | 2016-09-04 11:43 | 植物・昆虫など | Comments(0)

コツメカワウソ:Asian Short-clawed otter

b0249597_19501273.jpg

# by PhotoSumika | 2016-09-03 19:51 | コツメカワウソ(57) | Comments(0)

コシジロハゲワシ:Ijima's Copper Pheasant

b0249597_5264323.jpg



# by PhotoSumika | 2016-09-02 05:27 | コシジロハゲワシ(7) | Comments(0)

マレーバク:Malayan tapir

b0249597_5134561.jpg


マレーバク
分類:ウマ目(奇蹄目)バク科
英名:Malayan tapir 学名:Tapirus indicus

マレー半島、スマトラなどの水辺のある森に生息していています。
独特の白黒ツートンカラーですが、夜には白の部分だけ目立って全体の姿が不明瞭になり、捕食者であるトラやヒョウにに発見されにくくなると考えられています。夜行性で単独生活し、泳ぎが得意で、危険を感じると茂みや水の中に身を隠します。
植物食ですが、野生では毒を持った植物があるため、一度に同じ植物をたくさん食べないそうです。
夢を食べる「獏」は中国の伝説上の動物ですが、遺跡からバクらしい青銅器が見つかっていて、あながち無関係ともいえないようです。しかし、森の減少により、「マレーバク」も絶滅の危機に瀕しています。
# by PhotoSumika | 2016-08-31 05:14 | マレーバク(10) | Comments(0)

ニワトリ:Chicken

b0249597_6212463.jpg

# by PhotoSumika | 2016-08-28 06:21 | ニワトリ(8) | Comments(0)

シチメンチョウ:Wild turkey

b0249597_11593917.jpg


シチメンチョウ
分類:キジ目 シチメンチョウ科
英名:Wild turkey 学名:Meleagris gallopavo


キジ目の最大の鳥です。和名の七面鳥は、首のところの皮膚が、興奮すると赤、青、紫などに変化することに由来しています。食用のため家禽として飼育されていますが、野生ではアメリカ合衆国、カナダ南部ならびにメキシコに分布し、開けた落葉樹と針葉樹の混合林に生息しています。雑食で果実、種子、昆虫類、両生類、爬虫類等を食べます。
ベンジャミン・フランクリンがアメリカ合衆国の国鳥として最後までハクトウワシに反対し、シチメンチョウを推していたという逸話があるそうです。
また、アメリカでは感謝際前日、大統領が七面鳥を放鳥して「恩赦」を与える儀式が行われるそうです。
# by PhotoSumika | 2016-08-27 12:00 | シチメンチョウ(4) | Comments(0)

シセンレッサーパンダ:Styan's Red Panda

b0249597_546196.jpg




シセンレッサーパンダ
分類:食肉目(ネコ目)  レッサーパンダ科
英名:Red Panda 学名:Ailurus fulgens styani

レッサーパンダの2亜種の内の1亜種で中国四川省~ミャンマー北部の高山にある竹林や森林に、子連れのメス以外は単独で暮らしています。
名前にパンダとありますが、ジャイアントパンダと種類的な繋がりはありません。
基本的に夜行性で、主として竹や笹の葉を食べますが、筍、木の実、果物、昆虫、鳥なども食べる雑食性です。
もともと、周囲の様子をうかがうときに二本足で直立することがありますが、千葉市動物公園の風太くんがマスコミで取り上げられて一大ブームを引き起こしました。
前肢の親指の付け根の骨が指のように突起していて、物をつかむことができます。
動物園で観察していると、頻繁にオシリを木などに擦りつけていますが、これは、肛門近くにある臭腺から匂いを出して、マーキングをしているのです。
妊娠期間は90~150日、樹洞や岩の隙などで、たいていの場合2頭を出産します。授乳期間は約5ヶ月、18~20か月で性成熟します。寿命は8~10年です。
全世界の動物園の半数近くの約230頭が日本の動物園で飼育されているそうです。
# by PhotoSumika | 2016-08-24 05:46 | レッサーパンダ(104) | Comments(0)

オランウータン:Orang-utan

b0249597_5371575.jpg



# by PhotoSumika | 2016-08-20 05:37 | オランウータン(10) | Comments(0)

カラフトフクロウ:Great Grey Owl

b0249597_524627.jpg

# by PhotoSumika | 2016-08-17 05:24 | カラフトフクロウ(8) | Comments(0)