オグロプレーリードッグ:Black-tailed Prairie Dog

b0249597_05440256.jpg


# by PhotoSumika | 2017-02-06 05:45 | プレーリードッグ(61) | Comments(0)

ヒロハシサギ:Boat-billed Heron

b0249597_06191780.jpg


# by PhotoSumika | 2017-02-05 06:20 | ヒロハシサギ(8) | Comments(0)

既視体験の予感

b0249597_05243466.jpg

# by PhotoSumika | 2017-02-03 05:24 | 創作作品 | Comments(0)

フクロテナガザル:Siamang

b0249597_05380699.jpg
フクロテナガザル
分類:霊長目(サル目) テナガザル科
英名:Siamang 学名:Symphalangus syndactylus

マレーシアとスマトラ島の森林に生息し、テナガザル科のなかでは最も大型です。
樹上生活で、少数の群れで行動し、主に果実や木の実、木の葉や花、昆虫の他、小鳥や小動物などを食べます。
他のテナガザルと異なる特徴は、後肢の2つの指が皮膚でつながっていることと、大きな声嚢があることです。この声嚢は、雌にも雄雌にもあり、頭よりも大きく膨らませ、とてもよく響く大声で吼えます。その声は3~4km先までも聞こえるといわれていて、互いにコミュニケーションをとる役割を果たしています。
樹上での動きはかなり敏捷で、長い腕を使って枝から枝へと素晴らしいブラキエーション(腕渡り)をしますが、地上では、腕を上げてバランスをとるように後ろ足だけで歩きます。水を嫌い、水に入ったり、泳いだりはしません。
普通は1回に1頭の子供を生みます。
飼育下でのフクロテナガザルの寿命は16年ほどですが、30年生きるとも言われています。

# by PhotoSumika | 2017-02-02 05:38 | フクロテナガザル(25) | Comments(0)

シセンレッサーパンダ:Styan's Red Panda

b0249597_05051072.jpg
シセンレッサーパンダ
分類:食肉目(ネコ目)  レッサーパンダ科
英名:Red Panda 学名:Ailurus fulgens styani

レッサーパンダの2亜種の内の1亜種で中国四川省~ミャンマー北部の高山にある竹林や森林に、子連れのメス以外は単独で暮らしています。
名前にパンダとありますが、ジャイアントパンダと種類的な繋がりはありません。
基本的に夜行性で、主として竹や笹の葉を食べますが、筍、木の実、果物、昆虫、鳥なども食べる雑食性です。
もともと、周囲の様子をうかがうときに二本足で直立することがありますが、千葉市動物公園の風太くんがマスコミで取り上げられて一大ブームを引き起こしました。
前肢の親指の付け根の骨が指のように突起していて、物をつかむことができます。
動物園で観察していると、頻繁にオシリを木などに擦りつけていますが、これは、肛門近くにある臭腺から匂いを出して、マーキングをしているのです。
妊娠期間は90~150日、樹洞や岩の隙などで、たいていの場合2頭を出産します。授乳期間は約5ヶ月、18~20か月で性成熟します。寿命は8~10年です。
全世界の動物園の半数近くの約230頭が日本の動物園で飼育されているそうです。

# by PhotoSumika | 2017-01-31 05:07 | レッサーパンダ(104) | Comments(0)

シワコブサイチョウ:Wreathed Hornbill

b0249597_08345612.jpg


シワコブサイチョウ
分類:ブッポウソウ目 サイチョウ科
英名:Wreathed Hornbill 学名:Rhyticeros undulatus

インド東部から中国南東部などの、山麓や熱帯林、常緑原生林に生息し、高い位置の樹洞に営巣します。
食性は雑食で、果物、昆虫、トカゲ、ヘビ等を食べます。
鮮やかのど袋が特徴で、青いのは雌、雄は黄色いそうです。


# by PhotoSumika | 2017-01-29 08:37 | シワコブサイチョウ | Comments(0)

シワコブサイチョウ:Wreathed Hornbill



# by PhotoSumika | 2017-01-29 08:35 | シワコブサイチョウ | Comments(0)

チューリップ:Tulipa

b0249597_5172070.jpg

# by PhotoSumika | 2017-01-27 05:17 | 植物・昆虫など | Comments(0)

ハシビロコウ:Shoebill

b0249597_531462.jpg



# by PhotoSumika | 2017-01-23 05:32 | ハシビロコウ(28) | Comments(0)

アオサギ:Grey heron

b0249597_5335185.jpg

# by PhotoSumika | 2017-01-20 05:33 | アオサギ | Comments(0)

フクロテナガザル:Siamang

b0249597_2013434.jpg



# by PhotoSumika | 2017-01-16 20:13 | フクロテナガザル(25) | Comments(0)

ユキヒョウ:Snow leopard

b0249597_7293728.jpg



# by PhotoSumika | 2017-01-14 07:29 | ユキヒョウ(4) | Comments(0)

Rosaceae

b0249597_5375024.jpg

# by PhotoSumika | 2017-01-11 05:37 | 植物・昆虫など | Comments(0)

モルモット:Guinea pig

b0249597_8133243.jpg

# by PhotoSumika | 2017-01-07 08:14 | モルモット(1) | Comments(0)

ホオジロカンムリヅル:Grey crowned crane

b0249597_5373587.jpg



# by PhotoSumika | 2017-01-05 05:38 | ホオジロカンムリヅル(19) | Comments(0)

アカハシハジロ:Red-crested Pochard

b0249597_7381953.jpg


アカハシハジロ
分類:カモ目 カモ科
英名:Red-crested Pochard 学名:Netta rufina

ユーラシア大陸の中緯度地方の西半分で繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部からインドに渡ります。日本でもまれに迷鳥として報告されます。
和名のアカハシハジロは「赤嘴羽白」です。
雑食性ですが植物食が多く、水中に潜って水草をとり、くわえて水面に出てから食べます
低地の沼や湖で大きな群れを作って繁殖し、岸辺の植生の中や、水草の上に浮き巣を作り、6~12個の薄緑色の卵を産みます。つがいは雛の孵化期に解消し、雌がひとりで抱卵します。抱卵日数は26-28日で、約47日で独立します。
# by PhotoSumika | 2017-01-03 07:39 | アカハシハジロ(5) | Comments(0)

本年もよろしくお願いいたします

b0249597_6492428.jpg

# by PhotoSumika | 2017-01-01 06:49 | 植物・昆虫など | Comments(0)

空への想い

b0249597_740432.jpg

# by PhotoSumika | 2016-12-31 07:40 | 植物・昆虫など | Comments(0)

ベニイロフラミンゴ:Caribbean Flamingo

b0249597_5424747.jpg


ベニイロフラミンゴ
分類:フラミンゴ目 フラミンゴ科
英名:Caribbean Flamingo 学名:Phoenicopterus ruber ruber

北アメリカのフロリダ半島から南アメリカ北部にかけてのカリブ海沿岸に分布し、干潟や、汽水域沿岸、また内陸部の湖の周りなどに、巨大なコロニーを作ります。
フラミンゴのなかでは最も大型で、鮮やかな紅色が特徴です。
大きく下に曲がった嘴の中には、ラメラと呼ばれる、細かい毛が生えていて、これで水の中のプランクトンや昆虫、藻などをこしとって食べます。
体の紅色は、餌に含まれる色素によるもので、動物園などの飼育下での環境では、餌にこの色素を配合して体の色を維持しているそうです。
繁殖期になると泥を盛りかためて巣をつくり、1個の卵を産み、雄と雌が交互に抱卵します。抱卵期間は28~32日で、雛は親鳥が出す赤いフラミンゴミルクを飲んで大きくなります。
寿命は長く、40年以上生きることが出来るそうです。
# by PhotoSumika | 2016-12-28 05:42 | フラミンゴ(28) | Comments(0)

オランウータン:Orang-utan

b0249597_583737.jpg

# by PhotoSumika | 2016-12-26 05:08 | オランウータン(10) | Comments(0)

ホウオウジャク:Paradise Whydah

b0249597_8253890.jpg

# by PhotoSumika | 2016-12-25 08:25 | ホウオウジャク | Comments(0)

ルリビタキ:Red-flanked bluetail

b0249597_7503630.jpg


ルリビタキ
分類:スズメ目 ヒタキ科
英名:Red-flanked bluetail 学名:Tarsiger cyanurus 


オスの成鳥は青みを帯びた瑠璃色に輝く美しい鳥で、「幸せを呼ぶ青い鳥」としてバードウォッチャーの間で人気があります。 (ちなみに童話の青い鳥のモデルはハトと考えられているそうです)
日本では夏季に本州中部以北、四国で繁殖し、冬季になると本州中部以南で越冬します。群れは形成せず、単独で生活し、昆虫類、節足動物、果実などを地表や樹上を移動しながら採餌します。
繁殖期にはつがいで縄張りを形成し、地上に枯葉や苔などでお椀型の巣を作ります。卵の数は3~6個で、雛は孵化してから約15日で巣立ち、オスは2~3年すると青色に変わります。
# by PhotoSumika | 2016-12-23 07:51 | ルリビタキ | Comments(0)

ヘビクイワシ:Secretary bird

b0249597_5445746.jpg


ヘビクイワシ
分類:タカ目 ヘビクイワシ科
英名:Secretary bird 学名:Sagittarius serpentarius

アフリカ大陸中部以南のサバンナに、単独もしくはペアで生活し、類縁関係が謎に包まれている鳥です。飛翔能力は低くはありませんが、地上を徘徊することが多く、1日で24kmも歩くことがあるそうです。
羽根ペンのような冠羽と、スパッツをはいたような長い脚が特徴で、英名のsecretary birdは、羽根ペンを連想させる書記官を意味しています。
昆虫、爬虫類、鳥類やその卵、小型哺乳類などを食べ、和名のヘビクイワシは、食性にヘビが含まれる事からの由来です。
ハンティングは、追いかけたり、草むらから追い出したりした獲物を、強力な足で蹴飛ばすという特徴的な方法で、この行動をショーとしてとりいれている動物園もあります。
ペアは一生解消されないといわれ、樹上に木の枝を組み合わせた巣を作りますが、同じ巣を使い続けるため、時として巨大なものになります。
# by PhotoSumika | 2016-12-21 05:45 | ヘビクイワシ(30) | Comments(0)

妖精のレース:Fairy lace

b0249597_545365.jpg

# by PhotoSumika | 2016-12-19 05:45 | 風景 | Comments(0)

ライオン:Lion

b0249597_1445677.jpg



# by PhotoSumika | 2016-12-18 14:46 | ライオン(9) | Comments(0)

シセンレッサーパンダ:Styan's Red Panda

b0249597_1955431.jpg


シセンレッサーパンダ
分類:食肉目(ネコ目)  レッサーパンダ科
英名:Red Panda 学名:Ailurus fulgens styani

レッサーパンダの2亜種の内の1亜種で中国四川省~ミャンマー北部の高山にある竹林や森林に、子連れのメス以外は単独で暮らしています。
名前にパンダとありますが、ジャイアントパンダと種類的な繋がりはありません。
基本的に夜行性で、主として竹や笹の葉を食べますが、筍、木の実、果物、昆虫、鳥なども食べる雑食性です。
もともと、周囲の様子をうかがうときに二本足で直立することがありますが、千葉市動物公園の風太くんがマスコミで取り上げられて一大ブームを引き起こしました。
前肢の親指の付け根の骨が指のように突起していて、物をつかむことができます。
動物園で観察していると、頻繁にオシリを木などに擦りつけていますが、これは、肛門近くにある臭腺から匂いを出して、マーキングをしているのです。
妊娠期間は90~150日、樹洞や岩の隙などで、たいていの場合2頭を出産します。授乳期間は約5ヶ月、18~20か月で性成熟します。寿命は8~10年です。
全世界の動物園の半数近くの約230頭が日本の動物園で飼育されているそうです。
# by PhotoSumika | 2016-12-17 19:06 | レッサーパンダ(104) | Comments(0)

キンケイ:Golden Pheasant

b0249597_5322215.jpg

# by PhotoSumika | 2016-12-16 05:32 | キンケイ | Comments(0)

キンムネオナガテリムク:Golden-breasted starling

b0249597_9384721.jpg

# by PhotoSumika | 2016-12-13 09:38 | テリムク(2) | Comments(0)

エミュー:Emu

b0249597_13192585.jpg


エミュー
分類:ダチョウ目 ヒクイドリ科
英名:Emu 学名:Dromaius novaehollandiae

オーストラリア全域の草原や砂地などに分布しています。ダチョウの次に背の高い鳥ですが、同様に飛ぶことができません。
食性は雑食で、草や花、昆虫なども食べます。寒暖の差にも強く、丈夫で、繁殖能力も高いです。乾期には食物となる草や種子をもとめて、何百kmをも移動することもあり、その7万羽を越える大群になることもあるそうです。
産卵は、3日から5日の間隔で1個ずつ、産卵期間中に合計で10~30個程度の卵を産み、10個程度の産卵後にオスが抱卵します。その間、約2ヶ月は飲まず食わずだそうで、孵化後も2~3ヶ月間はオスが雛を外敵などから守ります。
前にしか歩くことができず、「前進あるのみ」という意味をこめてオーストラリアでは国鳥に指定しているそうです。
性質は温和で、人間にも良く馴れ、家畜としての注目度も高く、畜産、羽毛利用の他、脂肪から取れるオイルは、スキンケアなどの医薬部外品として期待されているそうです
# by PhotoSumika | 2016-12-11 13:19 | エミュー(22) | Comments(0)

ミーアキャット:Meerkat

b0249597_7241894.jpg



# by PhotoSumika | 2016-12-10 07:24 | ミーアキャット(33) | Comments(0)