<   2015年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

オグロプレーリードッグ:Black-tailed Prairie Dog

b0249597_11121460.jpg

by PhotoSumika | 2015-12-29 11:14 | プレーリードッグ(54) | Comments(0)

チンパンジー:Chimpanzee

b0249597_1747355.jpg

by PhotoSumika | 2015-12-26 17:48 | チンパンジー(7) | Comments(0)

ヘビクイワシ:Secretary bird

b0249597_8431118.jpg

by PhotoSumika | 2015-12-23 08:43 | ヘビクイワシ(30) | Comments(0)

ハシビロコウ:Shoebill

b0249597_10491351.jpg



ハシビロコウ
分類:コウノトリ目 ハシビロコウ科
英名:Whale-headed Stork/ Shoebill 学名:Balaeniceps rex

アフリカ東部から中央部のパピルスが繁る湿地やその周辺の草原地帯に生息し、基本的に単独行動を好みます。
動物園でも動かない鳥として有名ですが、それでも活発な方で、野生で獲物を狙うときは数時間にわたってほとんど動きません。獲物の魚に警戒されるのを避けるためと考えられています。
魚やカエルやヘビ、まれに水鳥のヒナや小動物を食べることもありますが、大型のハイギョが好物で、呼吸のために水面に浮かび上がったところを素早く嘴で捉えて丸呑みにします。消化には数時間を要し、その作業に1日に消費するエネルギーの30%を費やすといわれています。
飛行も得意で、翼を広げると2mにもなります。
滅多に鳴くことはありませんが、その代わりに嘴を叩き合わせて音を出すクラッタリングという行為で、求愛したりや仲間に合図を送ったりします。首を振りお辞儀をする様子は、親愛を意味しているそうです。
実際の寿命は解明されていませんが、高齢になるに従い瞳の色が金から青に変化します。
英名のWhale-headed Storkは、クジラ頭、別名のShoebillは靴のような嘴。学名のBalaeniceps rexは、クジラ頭の王様を意味しています。
by PhotoSumika | 2015-12-20 10:51 | ハシビロコウ(28) | Comments(0)

フンボルトペンギン:Humboldt penguin

b0249597_10252143.jpg



フンボルトペンギン
分類:ペンギン目 ペンギン科
英名:Humboldt penguin 学名:Spheniscus humboldti

フンボルト海流が流れ込む、南アメリカの暖かい沿岸地域に生息しています。
日本の動物園・水族館で一番多く見られるペンギンで繁殖もよく行われていますが、野生では約15.000羽と絶滅が危惧されており、その生息数の1割が日本で飼育されていることになるそうです。
朝、海に出て夕方戻るというのが習慣のようで、巣と海を往復して一生を過ごします。
トンネルを掘ったり、洞窟や石の隙間を利用した巣に2個の卵を産み、雄と雌で温め、40日ほどで孵化します。
by PhotoSumika | 2015-12-13 10:25 | フンボルトペンギン(20) | Comments(0)

フォッサ:Fossa

b0249597_1948981.jpg

by PhotoSumika | 2015-12-10 19:48 | フォッサ | Comments(0)

シワコブサイチョウ:Wreathed Hornbill

b0249597_7391997.jpg


シワコブサイチョウ
分類:ブッポウソウ目 サイチョウ科
英名:Wreathed Hornbill 学名:Rhyticeros undulatus

インド東部から中国南東部などの、山麓や熱帯林、常緑原生林に生息し、高い位置の樹洞に営巣します。
食性は雑食で、果物、昆虫、トカゲ、ヘビ等を食べます。
鮮やかのど袋が特徴で、青いのは雌、雄は黄色いそうです。
by PhotoSumika | 2015-12-06 07:39 | シワコブサイチョウ | Comments(0)

シセンレッサーパンダ:Styan's Red Panda

b0249597_5455460.jpg

by PhotoSumika | 2015-12-04 05:46 | レッサーパンダ(104) | Comments(0)

ホンドタヌキ:Japanese Raccoon Dog

b0249597_53454.jpg

by PhotoSumika | 2015-12-03 05:04 | ホンドタヌキ(6) | Comments(0)