<   2015年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

アフリカハゲコウ:Marabou Stork

b0249597_553518.jpg

by PhotoSumika | 2015-11-30 05:05 | アフリカハゲコウ(12) | Comments(0)

セスジキノボリカンガルー:Goodfellow’s Tree Kangaroo

b0249597_7443422.jpg


セスジキノボリカンガルー
分類:双前歯目 (フクロネズミ目) カンガルー科
英名:Goodfellow’s Tree Kangaroo 学名:Dendrolagus goodfellowi

ニューギニア島の中央部から東部の熱帯雨林に生息しています。
カンガルーの仲間でありながら樹上で生活し、主食の木の葉の他、果実や花なども食べます。夜行性で昼間は樹幹などで寝ています。
背中につむじがあり、寝るときは、頭を後ろ足の間に入れて丸くなり、背中のつむじが1番高い位置になるようにします。すると毛並みが地面の方へ向かうため、雨に濡れても雫が下へしたたり落ちて地肌を濡らさずにすむのです。雨の多い熱帯林で、このつむじは大変役に立っているようです。このつむじが筋状になっていることが、セスジの名前の由来になりました。
正確な生息数は分かりませんが、絶滅に瀕していると考えられています。
by PhotoSumika | 2015-11-28 07:44 | セスジキノボリカンガルー(3) | Comments(0)

カルガモ:Spot-billed duck

b0249597_5223189.jpg

by PhotoSumika | 2015-11-27 05:23 | カルガモ | Comments(0)

ギンケイ:Lady Amherst's Pheasant

b0249597_542671.jpg

by PhotoSumika | 2015-11-26 05:04 | ギンケイ(5) | Comments(0)

シナガチョウ:Chinese Goose

b0249597_514440.jpg


シナガチョウ
分類:ガンカモ目 ガンカモ科
英名:Chinese Goose 学名:Anser cygnoides

中国で、サカツラガンからつくられた家禽です。
クチバシの付け根の瘤が特徴です。
群れで飼育することができて、寿命が長く、ヒナから飼育すると、飼い主にもよくなれます。
丈夫でで粗食にも耐え、警戒心が強く、異常があると大きな声で鳴くので番犬のかわりに飼うこともあるそうです。
by PhotoSumika | 2015-11-25 05:15 | シナガチョウ(3) | Comments(0)

オグロプレーリードッグ:Black-tailed Prairie Dog

b0249597_10375690.jpg

by PhotoSumika | 2015-11-23 10:38 | プレーリードッグ(54) | Comments(0)

オグロプレーリードッグ:Black-tailed Prairie Dog

b0249597_5142685.jpg

by PhotoSumika | 2015-11-20 05:14 | プレーリードッグ(54) | Comments(0)

ベンガルトラ:White Tiger

b0249597_5124762.jpg


ホワイトタイガー
分類:食肉目(ネコ目) ネコ科
英名:White Tiger 学名:Panthera tigris tigris

ホワイトタイガーはネパールからインド、インドシナのベンガルトラの白変種で、 先天的にメラニンが欠乏するアルビノとは異なります。
生息域や習性もベンガルトラと同じで、森林地帯のほか、湿地帯の草原や川の近くの草むらなどに生息します。木に登ることはほとんどありませんが、泳ぎは上手です。
シカやイノシシなどのほか、ヤマアラシや爬虫類、魚などを食べ、時には家畜の牛や馬などを襲うこともあるそうです。
国内の動物園では人気者ですが、ベンガルトラ自体の数が減少しているため、野生においてホワイトタイガーを見ることは殆どありません。
ホワイトタイガーはインドでは神聖なものとされ、中国及び日本でも白虎として崇められていました。
by PhotoSumika | 2015-11-19 05:13 | トラ(12) | Comments(0)

オオワシ:Steller’s Sea Eagle

b0249597_5194041.jpg


オオワシ
分類:タカ目 タカ科
英名:Steller’s Sea Eagle 学名:Haliaeetus pelagicus pelagicus

オホーツク海北部の沿岸地域やカムチャッカ半島で繁殖し、日本にも越冬のために飛来します。
海岸や河川、湖の周辺などに生息し、サケやマスなどの大型魚を捕食しますが、時には海鳥やアザラシなどを襲うこともあります。また、狩猟や漁業のおこぼれや、打ち上げられた死体などを食べます。
カラマツなどの樹上や断崖に巣を作り、1~3個の卵を産みます。抱卵日数は約35日で、育雛期間は約70日です。
生息数は約5000羽と推定され、絶滅が危惧されています。日本では天然記念物に指定されています。
by PhotoSumika | 2015-11-18 05:19 | オオワシ(3) | Comments(0)

ダチョウ:Ostrich

b0249597_532189.jpg

by PhotoSumika | 2015-11-17 05:03 | ダチョウ(13) | Comments(0)