カテゴリ:ラマ(27)( 32 )

ラマ:Lama glama

b0249597_12143114.jpg
ラマ
分類:偶蹄目(ウシ目) ラクダ科
英名:Lama glama 学名:Llama

南アメリカ、標高2300~4000mに生息するラクダの仲間ですが、背中にコブはありません。アンデス山脈の人々の家畜として飼育されていて、近縁動物のグアナコを家畜化したものと考えられています。
性格はおとなしく、主に荷物の運搬用として使われますが、毛や皮、肉、煮炊き用の燃料として乾燥させた糞も利用されます。
血液中のヘモグロビンの酸素結合能力が高いため、空気の薄い地域での生活に適し、
さまざまな種類の植物を食べほとんど水分を必要としないので、食物の乏しく厳しい山岳地帯でも耐えることができるのです。
インカ帝国の時代には生け贄として捧げられていました。今でもアンデス地方の町ではラマの胎児のミイラが売られていて、家内安全祈願に新築する家の下に埋めるなど、かつて風習の名残ではないかと考えられています。(この個体は2015年6月に千葉市動物公園から市原ぞうの国に移動しました)

by PhotoSumika | 2017-07-30 12:17 | ラマ(27) | Comments(0)

ラマ:Lama glama

b0249597_516413.jpg


ラマ
分類:偶蹄目(ウシ目) ラクダ科
英名:Lama glama 学名:Llama

南アメリカ、標高2300~4000mに生息するラクダの仲間ですが、背中にコブはありません。アンデス山脈の人々の家畜として飼育されていて、近縁動物のグアナコを家畜化したものと考えられています。
性格はおとなしく、主に荷物の運搬用として使われますが、毛や皮、肉、煮炊き用の燃料として乾燥させた糞も利用されます。
血液中のヘモグロビンの酸素結合能力が高いため、空気の薄い地域での生活に適し、
さまざまな種類の植物を食べほとんど水分を必要としないので、食物の乏しく厳しい山岳地帯でも耐えることができるのです。
インカ帝国の時代には生け贄として捧げられていました。今でもアンデス地方の町ではラマの胎児のミイラが売られていて、家内安全祈願に新築する家の下に埋めるなど、かつて風習の名残ではないかと考えられています。(この個体は2015年6月に千葉市動物公園から市原ぞうの国に移動しました)
by PhotoSumika | 2015-10-15 05:16 | ラマ(27) | Comments(0)

ラマ:Lama glama

b0249597_857144.jpg



ラマ
分類:偶蹄目(ウシ目) ラクダ科
英名:Lama glama 学名:Llama

南アメリカ、標高2300~4000mに生息するラクダの仲間ですが、背中にコブはありません。アンデス山脈の人々の家畜として飼育されていて、近縁動物のグアナコを家畜化したものと考えられています。
性格はおとなしく、主に荷物の運搬用として使われますが、毛や皮、肉、煮炊き用の燃料として乾燥させた糞も利用されます。
血液中のヘモグロビンの酸素結合能力が高いため、空気の薄い地域での生活に適し、
さまざまな種類の植物を食べほとんど水分を必要としないので、食物の乏しく厳しい山岳地帯でも耐えることができるのです。
インカ帝国の時代には生け贄として捧げられていました。今でもアンデス地方の町ではラマの胎児のミイラが売られていて、家内安全祈願に新築する家の下に埋めるなど、かつて風習の名残ではないかと考えられています。(この個体は2015年6月に千葉市動物公園から市原ぞうの国に移動しました)
by PhotoSumika | 2015-08-09 09:00 | ラマ(27) | Comments(0)

ラマ:Lama glama

b0249597_6413.jpg


ラマ
分類:偶蹄目(ウシ目) ラクダ科
英名:Lama glama 学名:Llama

南アメリカ、標高2300~4000mに生息するラクダの仲間ですが、背中にコブはありません。アンデス山脈の人々の家畜として飼育されていて、近縁動物のグアナコを家畜化したものと考えられています。
性格はおとなしく、主に荷物の運搬用として使われますが、毛や皮、肉、煮炊き用の燃料として乾燥させた糞も利用されます。
血液中のヘモグロビンの酸素結合能力が高いため、空気の薄い地域での生活に適し、
さまざまな種類の植物を食べほとんど水分を必要としないので、食物の乏しく厳しい山岳地帯でも耐えることができるのです。
インカ帝国の時代には生け贄として捧げられていました。今でもアンデス地方の町ではラマの胎児のミイラが売られていて、家内安全祈願に新築する家の下に埋めるなど、かつて風習の名残ではないかと考えられています。
by PhotoSumika | 2015-06-28 06:04 | ラマ(27) | Comments(0)

ラマ:Lama glama

b0249597_5125783.jpg

by PhotoSumika | 2015-06-05 05:13 | ラマ(27) | Comments(0)

ラマ:Lama glama

b0249597_5303899.jpg

by PhotoSumika | 2015-05-11 05:30 | ラマ(27) | Comments(0)

ラマ:Lama glama

b0249597_710235.jpg

by PhotoSumika | 2015-03-22 07:10 | ラマ(27) | Comments(0)

ラマ:Lama glama

b0249597_834232.jpg

by PhotoSumika | 2014-12-30 08:04 | ラマ(27) | Comments(0)

ラマ:Lama glama

b0249597_5181849.jpg


ラマ
分類:偶蹄目(ウシ目) ラクダ科
英名:Lama glama 学名:Llama

南アメリカ、標高2300~4000mに生息するラクダの仲間ですが、背中にコブはありません。アンデス山脈の人々の家畜として飼育されていて、近縁動物のグアナコを家畜化したものと考えられています。
性格はおとなしく、主に荷物の運搬用として使われますが、毛や皮、肉、煮炊き用の燃料として乾燥させた糞も利用されます。
血液中のヘモグロビンの酸素結合能力が高いため、空気の薄い地域での生活に適し、
さまざまな種類の植物を食べほとんど水分を必要としないので、食物の乏しく厳しい山岳地帯でも耐えることができるのです。
インカ帝国の時代には生け贄として捧げられていました。今でもアンデス地方の町ではラマの胎児のミイラが売られていて、家内安全祈願に新築する家の下に埋めるなど、かつて風習の名残ではないかと考えられています。
by PhotoSumika | 2014-10-08 05:18 | ラマ(27) | Comments(0)

ラマ:Lama glama

b0249597_17181767.jpg

by PhotoSumika | 2014-09-02 17:18 | ラマ(27) | Comments(0)