カテゴリ:アルダブラゾウガメ(2)( 2 )

アルダブラゾウガメ:Aldabra Giant Tortoise

b0249597_6304291.jpg


分類:カメ目 リクガメ科
英名:Aldabra Giant Tortoise 学名:Geochelone gigantea

セーシェル(アルダブラ環礁)の固有種で、海岸沿いにある草原、内陸部の低木林、マングローブからなる湿原などに生息します。
甲長120cm体重250kg以上にもなり、ガラパゴスゾウガメの次に大きなリクガメですが、分子系統学的解析からリクガメ属から分離して、セーシェルゾウガメ属とする説が有力だそうです。
食性は植物食傾向の強い雑食で、主に草や低木の枝、葉などを食べますが、動物の死骸なども食べます。
繁殖期の雨期に、オスが後方からメスの背甲に覆い被さり、断続的に鳴き声をあげて交尾を迫ります。
卵は直径5cm程の白い球形で、個体密度や栄養状態によって、1回に4~6個の卵を数年に1回だけしか産まないこともあれば、1回に12~14個の卵を年に2~3回に分けて産むこともあるそうです。野生下では、81~150日で孵化します。
寿命は長く100年以上で、152年生きた記録もあるそうです
by PhotoSumika | 2013-05-06 06:30 | アルダブラゾウガメ(2) | Comments(0)

アルダブラゾウガメ:Aldabra Giant Tortoise

b0249597_9284693.jpg

by PhotoSumika | 2011-12-18 09:28 | アルダブラゾウガメ(2) | Comments(0)