カテゴリ:ホオカザリヅル( 1 )

ホオカザリヅル:Wattled crane

b0249597_5281450.jpg


ホオカザリヅル
分類:ツル目 ツル科
英名:Wattled crane 学名:Grus carunculatus

エチオピアからボツワナ、モザンビークにかけてのアフリカ東部から南部にかけて分布しています。渡りはしませんが、雨期になると短距離を移動することはあるそうです。
湿原や湖沼に生息し、水草や種子、昆虫、貝類、カエルなどを捕食します。
顎の下に垂れ下がった肉垂が特徴で、和名の由来になっています。
警戒心が強いにもかかわらず攻撃的だそうです。草などを盛り上げた大きな巣をつくり、1~2個の卵を産みます。生息地が開発によって減少したことから個体数が少なくなっており、世界的に保護策がとられています。
by PhotoSumika | 2015-05-28 05:28 | ホオカザリヅル | Comments(0)