カピバラ:Capybara

b0249597_08124287.jpg
カピバラ
齧歯目(ネズミ目) カピバラ科
英名:Capybara 学名:Hydrochoerus hydrochaeris

現生する最大の齧歯類で、南アメリカ東部アマゾン川流域を中心とした、温暖な水辺に生息しています。
南アメリカ先住民の「草原の主」を意味する言葉がスペイン語に転訛して、「Capibara」になりました。日本ではしばしばカピパラと誤記されることがあります。和名は、オニテンジクネズミです。
性格は穏やかで、動物園によっては放し飼い状態で直接触れ合うことが出来るところもあります。
タワシのような硬い体毛が特徴で、足には水かきがあり、泳ぎが得意で水中に5分以上潜ることもできるそうです。
食性は草食で、朝夕に川辺や水中の草などを食べます。
一頭のオスと複数のメスとその仔からなる10頭ほどの群れで生活し、集団で子育てを行います。齧歯類の中では例外的に巣を作らず、水辺の草むらに直接仔を1~7匹の仔を生みます。妊娠期間は約150日、寿命は5~10年です。

by PhotoSumika | 2017-02-26 08:12 | カピバラ(16) | Comments(0)
<< ベニバシガモ:Rosy-bil... メジロ:Japanese Wh... >>