ワオキツネザル:Ring-tailed Lemur

b0249597_05364682.jpg
分類:霊長目(サル目) キツネザル科
英名:Ring-tailed Lemur 学名:Lemur catta

マダガスカル島南部および南西部の固有種で、落葉樹林の茂みに生息し、地上棲の傾向が強く地上での行動もよく見られます。尾に輪のような模様があることからこの名が付きました。
体温調節が苦手で、両手を左右に広げ日光浴をする姿が動物園でも人気です。
4,5の雄雌と数頭の子どもからなる15頭程度の群れを形成し、6~23ヘクタールの広い行動域の中で、主に果実の他、葉や花、昆虫などを食べます。
群れの階級は雌雄別々に順位が決められていていますが、雌の方が上位で食事においても優先されます。雌にははっきりとした階級がありますが、雄の階級はよく入れ変わります。
強烈な匂いを分泌する腺があり、繁殖期にはより強い匂いで相手を上回ろうと分泌液を尾全体に付着させて振り、競い合います。雄は群れの活動から離れる傾向があり、3年半ほどの周期で別の群れに移動します。
妊娠期間は約135~146日。通常1年に1匹出産しますが、双子の時もあります。生後2ヶ月で母乳以外の食べ物も口にし始め、生後5か月で完全に離乳します。

by PhotoSumika | 2017-02-23 05:37 | ワオキツネザル(21) | Comments(0)
<< メジロ:Japanese Wh... チーター:Cheetah >>